×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   

No. 013
 
 
   

 2005年9月17日(土)に作ったタイ料理たち

 
7ヵ月振りのタイ料理…、結構作ったので、アップ致しました。
 
 パックブン    ソムタムの素
 
 
 

パックブンですが、日本語では空芯菜って言うと思った
ら、えん菜とか、朝顔菜とも言うらしいですね。家の近
くの八百屋さんでは、この時期2百円以内で買えます。

  某タイ食材屋さんで、ソムタムの元を発見っ!これで、
初めて家でソムタムが作れると思ったら、肝心の青パパ
イアヤが売っていませんでした。(^O^;
 
 青唐辛子  干し赤唐辛子
 
 
先日訪タイした時に買って来た、生のプリッキーヌーで
す。これはちょっと大きいので、あまり辛くないのでは
と思いましたが、激辛でした〜っ!(+_+)
仕事先の方に貰った干し唐辛子。荒縄に20本くらいの
赤唐辛子が括られています。この頃はまだ生っぽかった
のですが、今はカラカラです。まだ10本位あります。
 

 活アサリ

 ホイラーイ・パット・バイホラパー
 
 

活アサリと、ナムプリッック・パット・バイホラーパー
の素です。何で、バイホラーパー(スイートバジル)は
貝類、バイガプラオ(ホーリーバジル)は肉類なの?

活アサリと、ナムプリッック・パット・バイホラーパー
の素を使って、作ってみました。先日の訪タイ以来、貝
類に目覚めて、生ガキを含めて、食べています。(笑)
 
 パットパックブンファイデーン  パット・ペットトゥアファークガイ
 
 

毎度お馴染みの空芯菜炒めです。ちょっと色が悪いです
が、アレンジして、本シメジを加えております。やはり
タイ料理では、自分の好きな料理の上位に入ります。

インゲンと鶏肉の辛子味噌炒めなんですが、タイのイン
ゲンって、日本のと違って、1本が数メートルにもなる
んですよね〜っ!味の違いはよく分かりませんが…?!

 
 ヤム・クン  ラープ・ムゥ
 
 

ここんとこ、頻繁に登場している、エビ・サラダです。
使用した食材はほぼ一緒ですが、ドレッシングは、前述
のソムタムの素を使ってみました。

初めて登場、豚肉のスパイス和えです。これは、前日タ
イ料理屋さんからテイクアウトしたものです。前日半分
食べちゃったので、量は少ないです。(^o^;
 刺身  ビアシン・グラス&ビアチャーン
 
 
刺身は、サーモンとマグロの2品盛りです。外で飲む時
には刺身はそんなに食べませんが、家でお酒を飲むと決
めた時は、必ず買ってしまいます。
ビアシンのグラスとビアチャーン(大)です。ライバル
同士が日本で合体します。(笑) でも、ビアチャーン
のグラスって、見たことがないな〜っ?
 センソム(プレミアム&輸出用)  
 
 
センソムの登場です。一応ラムと表記されています。左
がプレミアム(青ラベル)、右が輸出用(白ラベル)で
す。他に地元用(黒ラベル)があります。
5日前まで、タイで散々タイ料理を食べてきたのに、ま
た作ってしまうなんて…。(^O^; でも、好きなものはし
ょうがないですよねっ!
 
後記:タイから帰って来て、5日あまり…。
   タイの気分は抜けてきたものの、タイの食べ物は別です。

   タイ料理屋さんで食べるのが一番いいのかもしれませんが、
   自宅でタイ料理を作って、
勝手気ままな格好で、好きなルークトゥンを見(聴き)ながら、
   美味しいお酒を飲んだり、タイ料理を食べるのが、結構好きだったりして…。 (^O^;
 
to be continued
 
 
Return to Top Return prev Go next Go to Cooking Top Back to Home Page