×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2551年(2008年) No. 007
 
       2551年(2008年)2月23日(土) プーケット 〜晴れ〜 / バンコク 〜晴れ〜
 

プーケットを後にして、バンコクへ戻る日になりました…。

 
 
 

朝7時半過ぎに起床。
実は、泊まったホテルは朝食付きだったのですが、タイへ来た以上、
朝からタイご飯を食べたかったので、ホテルの朝食は食べませんでした。

しかし、この日の朝は、バンコクへ戻ることもあり、ホテルで朝食を済ま
せました。一応、タイ料理として『カオパット(タイ・チャーハン)』だ
けはあったので、しっかり、食べました。もちろん、『果物』もっ!
 
 

朝食の後、一端部屋に戻って、チェックアウトをしに、レセプションへ行
ったら、9時発予定のプーケット空港へ向かう、ミニ・バスが着ていまし
た。急いでチェックアウトをして、バスに乗り、空港へ向かいました。

その後、数カ所のホテルを周り、お客をピックアップし、結局、合計8人
の客がバスに乗ることになりました。車内ではウトウトするも、なかなか
寝れず、約45分でプーケット空港に到着しました。

 
 

「ノックエアー」のカウンターはそれほど混んではいなかったのですが、
前の人たちが手惑い、ちょっと時間がかかって、チェックインです。
当然、ビラピラの『ボーディング・パス』です。(笑)

その後、ちょっと空港内を散策しましたが、ほとんど変わっていませんで
した。でも、以前、2階のレストランの隣にあった、お客も入れるスタッ
フ向けのセルフ式の食堂はやはりなくなってしまったんですね…。 (>.<)

 
 

出発ロビーへ向かいます。
セキュリティ・チェックを通る時に、水の入ったペット・ボトルを捨てま
したが、瞬く間にノドが渇いてきて、ペ○シを買っちゃいました。 f(^_^)

そうこうしているうちに、搭乗の時間になりました。

 
 

今回、バンコク・ドンムアン空港まで乗っていく飛行機がこちらです。
「ノックエアー」(DD)7533便で、色が同じなので、もしかして、
プーケットに来た時に乗ってきたのと同じ機体かもしれません。

機内では、自分は後ろの方の席だったんですが、
後方はそれほど混んでおらず、横には誰もいませんでした。 (^o^)
格安航空機なので、座席シートはビ○ール製です…。 (^_^;

 
 

プーケット空港全景です。いつもはこちら側かではなく、ちゃんと
入口側から写真を撮るのですが、今回は余裕がなく…。 m(_ _)m
11時40分、無事、DD
7533便はプーケット空港を離陸しました。

「ノックエアー」のCAのおネエさん方です…。

 
 

飛行機の中から見えた景色です。
プーケット空港周辺ではなかなかピントが合わず、海の写真がほとんど
撮れませんでした。撮れたのもあまり良くありません。

ここら辺は、エビの養殖池が集まっている所でしょうか…?!

 
 

段々、バンコクに近づいてきました。
こちらは、ドンムアン空港に到着する5分ほど前に飛行機から見えた
光景ですが、かなり大きな施設です。一体、何なんでしょうか?

こちらは、左の写真を撮った後に、見えた光景です。
こちらは、多分、分譲された家が並んでいる様子だと思いますが、
真ん中辺りに小さな公園が整備されていますね。

 
 

飛行機内では寝ようと思っていたんですが、外の景色や光景を見て、
高揚してしまったようで、全く寝ることが出来ず、なんだかんだで

12時45分、ドンムアン空港に到着しちゃいました。

やはり、ドンムアン空港は何となく懐かしいです。

 
 

すんなりと、バゲージクレーム(ターンテーブル)前に到着し、
荷物もすぐに出てきたので、あっさりと到着ロビーに出ました。

到着ロビーは若干作りが変わったように思いますが、昔と同じように、
お客を迎える人たちで溢れています。外に出て、以前必ず利用していた
エアポート・バスを探しましたが、
なくなっていました。

 
 

仕様がなく、タクシーに乗りました…。それにしても、ドンムアン空港か
らの移動は不便になりましたね。ローカル線はまだまだ沢山の便が残っているんだから、せめて、エアポート・バスは残して欲しいですっ!

想いのほか高速道路は空いていて、スイスイと走り、約20分でスクムビ
ット通りに着きました。今回は2年半前までバンコクにいる時には、必ず
といっていいほど泊まっていたホテルに飛び込みで宿泊しました。
 
 

実はホテルの宿泊代…、1泊100バーツ値上がりしていました。
バーツ高なので、様子がないんですが、いろいろ考えると全然OKです。
荷解きもそこそこに、部屋を出ました。

とりあえず、プラトゥーナム方面へ行こうと思っていたので、
センセープ運河(川)を走る船の船乗り場に向かうことにしました。

 
 

センセープ運河です。
まっ、相変わらず、キレイとはほど遠いです。 (^^;

センセープ運河にかかる橋から水面を撮っていたら、釣りをしている2人
組を見付けたので、パチリ…。この運河では何が捕れるんでしょうかね?
釣れた魚はやはり、食べるんでしょうね? (^O^;

 
 
ナナ・ヌアの船乗り場への案内の看板です。
運河の船での移動は、運河の水が汚いとか、船が揺れるなどの悪いイメー
ジがありますが、自分にとってはそれほどのことではなく、安く早く移動
出来る交通手段として、活用しています。
 
 
ナナ・ヌア船乗り場の駅名の看板です。

ルア・ハーン・ヤオ(高速乗り合い船)がやってきました。
もう、水避けの水色のビニール・シートを下げ、降りる準備をしている
人がいますが、運河の水が跳ねてかかったら、どうするんだろう?(笑)

 
 

ナナ・ヌアからプラトゥーナムへは、12バーツでした。
これが、そのチケットです。

ルア・ハーン・ヤオ(高速乗り合い船)の船内です。
やはり早くて安いからか、船内はほとんど満員です。
乗っている人も、キチンとした身なりの人がほとんどです。

 
 
ナナ・ヌアからプラトゥーナムへは
5分もかからずに着いてしまいました。 (@_@)

乗ってきたルア・ハーン・ヤオは、乗っていた客を全員降ろし、 行ってし
まいました。どこかで、Uターンして、ラムカムヘーン通りやバーンカピ
方面行きの船便に変わるんでしょうか?

 
 

プラトゥーナム船乗り場の駅名の看板です。

プラトゥーナムの船乗り場です。
ルア・ハーン・ヤオのサパン・パンファー方面行きの西路線とバーン
カピ方面行きの東路線の乗り換え地なので、頻繁に船が行き交います。

 
 

この光景は2年半前からも、5年前からも、全然変わっていませんね。

ルア・ハーン・ヤオは基本的に、観光用ではなく地元の通勤通学などの
交通手段だし、若干ドブ川臭いし、水飛沫はかかる可能性もありますが、
渋滞なしに東西を移動出来るので、かなり便利だと思います。
 
 

プラトゥーナム船乗り場を後にし、その足で近くにある有名な某両替所で
両替をして、更にその近くの屋台で、ちょっと遅い昼ご飯を食べることに
しました。

この周辺には、ぶっかけ飯屋や麺屋、揚げ鶏屋など、数店のお店が
あるんですが、ぶら下がっていたモノが気に入ったので、こちらの
お店で食べることにしました。

 
 
そう、 『カオ・マン・ガイ(茹で鶏ごはん)』屋さんです…。 『カオ・マン・ガイ』は 鶏を茹でた汁で炊いたご飯の上に茹で鶏を乗せた
だけの料理ですが、これが本当に美味しいんですよね〜っ!写真には写っ
ていませんが、ピリ辛で酸味がある特製のタレを付けて頂きます。
 
 
お腹も満ちて、バンコクの中心街を散策することにしました…。

最初に、伊勢丹の向かいにあるビッグC・ラチャダムリ店に入ったら、
子供が何やら美味しそうなモノを食べているのを見てしまい、
自分も食べたくなって、買った『ソフトクリーム』です。 (*^_^*)

 
 
ラチャダムリ通りは相変わらず、渋滞しています…。 こちらはセントラル・ワールド・プラザ(旧ワールドトレードセンター)
です。向かって右側に伊勢丹、左側にZENが入っています。実はあまり
中を見て回ったことがありませんが、外装がリニューアルしたような…?
 
 

こちらはそのセントラル・ワールド・プラザ(CWP)の伊勢丹前にある
プーム(祠)です。プームと言えば、ここから300メートルほど歩いた
所にあるエラワン・プームが有名ですね。

こちらのプームは5年前の『今日、何食べた?』でも、取り上げています
が、その時はこんなに沢山の人はいなかったのに…?ネットで調べてみる
と、このプーム(神:ガネーシャ)は芸能関係に御利益あるそうです。

 
 

全然気が付きませんでしたが、実は上のプーム(神:ガネーシャ)の
左側にもプームがありました。こちらのプームのご神体はちょっと
分かりませんが、ネットによると恋愛祈願のプームだそうです。

でも、右側の プーム(神:ガネーシャ)の方が、お供えの花などが遙かに
多いので、御利益については、逆かもしれません。
 
 

セントラル・ワールド・プラザです。
人と待ち合わせをするか、涼みに入るくらいしか、利用しません。 (^^;

今回も涼むために中に入ったら、こんな造形物が…。
メタボ姿があまりに可愛らしかったので、写真を撮っちゃいました。
タイ人も何気に「クスクス」笑いながら、携帯で写真を撮っていました。
 
 

セントラル・ワールド・プラザを後にして、ラマ1世通りを歩き、 出来て
から初めてのサイアム・パラゴンに入り、広い店内を散策した後、サイヤ
ム・センターに行きました。

サイヤム・センターでは週末にはいつも、いろんなイベントを行っている
ので、よく行くのですが、この日も予想通り、アイドル系がイベントをし
ていました。"Lipz Project" です。
 
 

最近はタイ音楽とはちょっとご無沙汰しているんですが、
なかなかみんな可愛い子たちですね
っ!

そして、サイヤム・ディスカバリーを通り越し、やってきたのは、
もちろん、マーブンクロン(MBK)です。それぞれの階を徘徊して、
インターネットをしたりして、見付けたのがこちらです。
 
 
そう、ニコル(Nicole)の看板ですっ!
携帯電話会社AISの看板なんですが、やっぱり気になってしまいます。
2つの看板の写真をパチパチ撮っていたら、中の人がこちらを見て、
ニヤ笑いをしていました…。 (^_^;
 
 
その後、MBK内をいろいろ見て回り、BTSに乗って移動です。
写真はサナーム・ギーラー・ヘンチャート(国立競技場)駅です。
さてと、飲みでも行きますか…。

夜のシーロム通りには、沢山の露天が出ています…。

 
 
今夜は飲みに走ろうと思っていたので、とりあえずは腹ごしらえでも…。
品数は少ないですが、ラーン・カウ・ラートゲーン(ぶっかけ飯屋)さん
があったので、頂きますか…。

『パット・カイ・サイ・ネーム(酸味ソーセージ入りの玉子炒め)』と
『パット・トゥアファックヤーウ・プリックゲーン(インゲンの辛子味
噌炒め)』です。やっぱ
、ぶっかけ飯は旨いですっ!

 
 
小腹も満たし、飲み屋さんへ、レッツラゴ〜ッ!
ビールやら、スパイやら、ハイボールやら、カクテルやら、
いろんなお酒を数カ所で飲みまくり、夜は更けていきました…。
午前3時過ぎ…、何故か、 ラチャダムリ通りの
セントラル・ワールド・プラザ前にいました…。 (/o\)
 
    ※ 感想やコメントは、弊ブログ「つむじ風の気持ち」の方にお願い致します〜っ!
  □「つむじ風の気持ち」
  □   〃  『訪タイ記 2008.02.23 ブログ』
Return to Top Go to Foods Return prev Go next Back to Home Page Back to Blog