×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
    No. 003
 
 
     2002年12月7日(土)に作ったタイ料理たち
 
前言撤回です。ゲーン・キィヤウ・ワーン・ガイは作らず、『ナム・トックの素』を仕入れたので…。
 
 ナム・プリック  パット・プリックユアック・ムー
 
 

野菜は大好きなので、またまた登場しました。今回は、安売りのアスパラガスとブロッコリーを加えてみました。
日本で、生の白茄子が食べたいです。

要するに、ピーマン炒めです(笑)。他に、タマネギと豚
肉を加えて炒め、冷凍プリックとナンプラーなどで味付け
し、隠し味に、ナム・マン・ホーイ (カキ油)を…。
 
 マクア・パット・プリック・ゲーン  カイ・ジィャウ・ムーサップ
 
 
これまた、日本で言う、茄子味噌です(笑)。一応、冷凍
プリックとタウジャウ(味噌)で味付けをしたので、タイ
語にしてみました。(笑)
タイの庶民には、めちゃクチャ人気のある豚挽き肉が入っ
た卵焼きです。私もタイでは、結構食べます。ソース・プ
リックが付くのが、タイ風でしょうか?
 
 ナム・トック・ムー  じゅんさい
 
 
初登場、今回のメインです。タイ食材屋さんで、『ナム・
トックの素』を見付けたので、コレだと思いました。お米
の香ばしさと酸っぱさが、食をそそります。
カキと同じように寒くなると出回る、じゅんさいです。こ
れも好物の一つで、この時期近所のスーパーで安く手に
入るので、よく食べます。タイ料理じゃないです。(笑)
 
 ホイナーンロム(ソット)  シメサバ
 
 
この時期は必ず登場します…、生ガキです。今回は、アッ
プで載せてみました。ようは、薬味に手抜きをしたので、
こうなっただけです。 (^.^;
今回の刺身は、シメサバです。ちょっと写真の色写りが悪
いですが、近所の魚屋さんの直締めです。タイでは、焼き
サバをよく見ますが、日本の影響らしいですね?
 
 日本のビールと焼酎  
 
 
田舎から、冬季・北海道限定の『サッポロ・クラシック』
が送られてきたので、それで、乾杯です。あとは、甲種の
焼酎をハイサワーで割って、いい気持ちです…。(笑)

今回は、ルークトゥンではなく、ニコルが参加のカーペン
ターズのVCD、新しいグループ・アイドルのタッカーな
どのVCDを見ているうちに、夢心地でした。

 

後記:一応、タイ料理尽くしを作る時は、新しいメニューを加えるようにしていますが、『○○○の素』がネタ
   切れとなりつつあるので、次回は、タイ野菜の炒め物・煮物系で、攻めようかなぁ〜、と思っています。

   けど、マレーシア・インドネシア料理も作りたい〜っ!

 
to be continued
 
 
Return to Top Return prev Go next Go to Cooking Top Back to Home Page