×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   

No. 004
 
 

今回の旅では、ニコルなどの芸能人に逢うことのほか、
初めて会うメル友と会うのも、楽しみに一つでした。

 
 
     2546年(2003年)6月13日(金)
 
今日は、カセサート大学のシーラチャー・キャンパスに通うメル友に会いに、
チョンブリーとバーンセーンの間辺りにある、シーラチャーに行きました。
 
 

BTSのエカマイ駅から見たスクムビット通りです。
先の交差点左に、エカマイ・バス・ターミナル(東バス・
ターミナル)があります。

エカマイ・バス・ターミナルの正面です。
パタヤ−やラヨ−ン、コ・サメット、トラート等の東部方
面行きのバスが出ています。
 
 
切符売り場です。
向かって右側に、パタヤー行きの切符を売っています。
シーラチャー行きは、左奥の別カウンターです。

シーラチャー行きのエアコン・バスです。
この手のバスはエアコンが利き過ぎていますが、今回はそ
うでもありませんでした。

 
 

2時間弱で待ち合わせのシーラチャーに到着し、メル友と
合流しました。何と、お母さんとお姉さんが一緒に来ていて、車で観光地のバーンセーンを案内してくれることに!

バーンセーン名物のお猿さん!
たくさんの猿が観光客がくれるエサを目指して、襲ってきます。(ウソです!)
 
 
昼食です。これは、カイダーウに隠れていますが、パット
・バイカプラウ・ガイです。
こちらは、パッタイです。この2つを2品ずつ頼み、みん
なで戴きました。美味しいし、楽しい〜っ!
 
 
山の上の展望台からバーンセーン方面を望む…! こちらは、チョンブリー方面〜っ!
 
 
海岸から見たバーンセーンの海。 小舟がたくさんあるので、この船を使った漁が盛んなよう
です。確かに、海鮮料理屋さんがたくさんある訳だ…。
 
 
バーンセーンからちょっと移動して、バーンプラ(?)と
いうところに来ました。バーンセーンとシーラチャーの中
間らしいです。
兄妹(?)が仲良く、海で遊んでいたので、パチリっ!
 
 
こちらのバーンプラ(?)にあるレストランで、夕食を戴
きました。店に行くと、メル友のお父さんが先に一杯やっ
ていました。 (^O^;
夕食のメニューです。
これは、ご存知、トムヤム・クンです。さすが、地元の方
が頼むだけあって、とても美味しいです!
 
 
小魚を油で揚げたもの。名前は分からず…。 m(_ _)m ヤム(サラダ)らしいのですが、これも、名前は分からず
…。 (^_^;
 
 
これは、プラー・トート、魚の唐揚げですが、何の魚かは
分からず…。 (^.^;
多分、パット・パック・グラチェート・クン、ミズオジギ
ソウのエビ炒め物だと思います…!? (^_^;
 
 
やっと分かるものが…!
もちろん、カウ・パットです。これはとてもパラパラして
とても美味しいです。
今夕の料理の全てです。お父さんがいらしたため、料理名
はほとんど聞けませんでした。しかし、みんな美味しかっ
たですぅ!ご馳走さまでした〜っ!
 
 

ビーチで象を見かけたので、パチリっ!
観光用の象ですが、バンコクにいるのと違い、何か楽しそうでした。(笑)

今日は、メル友のご家族にとてもお世話になりました。
皆さん、本当に親切で、本当楽しかったです!
これだから、タイはやめられません〜っ!!
 
     2546年(2003年)6月14日(土)
 
バンコクを離れます…。
 
 
昨日の楽しかった余韻を残したまま、バンコクを後にしま
す。愛しのプーケットに行くためです。ドンムアン空港・
国内線乗り場…、来年は、スワンナプーム空港かな…!?
待合室ですが、お客が全然いません。
やはり、雨季だからでしょうか?それとも…!?
 
 
タイ国際航空プーケット行きの機内です。
残念ながら、窓側が取れず、通路側です。

あっという間に、プーケット・パトン・ビーチのビーチ・
ロードであるタウィウォン通りです。昨年とほとんど変わ
らない風景でした。

 
 

ここ7年来泊まっているタウィウォン通り沿いのバンガロ
ーに予約なしで飛び込みました。もちろん、プール脇のバ
ンガローを指定です。 (^O^;

朝食兼昼食です。昨日会ったメル友にもらったパン・ケー
キとビスケット。美味しく戴きました。 (^o^)
 
 

腹ごしらえをして、さぁ、ビーチだ!
しかし、生憎雲が多いです。そして、観光客が少ないです
…、雨季ということもあるでしょうが、あの影響も…!?

あっという間に、夜です。(笑)
今夜も食べるぞ〜っ!

 
 
今回の訪タイで初めての登場、わたしの大好きな生ガキっ
ですぅ!
こちらは、生ガキに付けるソース・プリック、マナオ、唐
辛子、ニンニク、揚げタマネギ、パクチー・ラーウ…、早
く食べたい〜っ!
 
 
生ガキ・セットの全景です。(笑)
美味しそう…、ジュルッ!
こちらはお馴染み、ソム・タムです。
 
 
こちらもお馴染み、パックブン・ファイ・デーン、空芯菜
炒めです。納豆みたいのは、タウジャウ、中国味噌(?)
の大豆です。

これらを、ビア・チャーン大で戴きました。

 
 
生ガキに、ソース・プリックや揚げタマネギ等を載せたと
ころです…、もちろんメッチャ美味しかったですぅ!

エサをねだりに来たネコをパチリっ!こういうお店には、
ネコやイヌは付きものです!(笑)

 
 
前述のように、雨季だからかもしれませんが、また例の影
響かもしれませんが、ガラガラです。って、客がいない席
を選んだだけです。(笑)
プーケットにいるので、気分がいいので、もちろん寝酒用
のつまみの買い出しです。 (^_^;
 
 
バンコクに負けず、持ち帰り用の屋台が多いです。 定番の焼き物です。上より、ネーム(酸っぱい味のソーセ
ージ)、鶏肉、レバーです。
 
 
ナム・プリックとそれを付ける野菜、そしてカウニャウ
(もち米)です。
もちろん、泊まっている部屋での定番になりつつなある、
ビア・タイで乾杯です。(笑)
プーケットの夜は更ける…。
 
   

 2546年(2003年)6月15日(日)

 
もちろん、今日もパトン・ビーチに行きます!
 
 

まずは、朝食兼昼食の食事です。
今日は、麺にしました。

お馴染みになったでしょうか…、ナム・トック味(湯通し
た血入り)のセンレック(細麺)です。これは、ムゥー
(豚肉)入りです。
 
 
今回のは、かなり濃い色をしています。トゥア・ンゴーク
(もやし)やパクチー等を入れて、食べます。

もちろん、パトン・ビーチです。
今日も、曇りか雨です。 (T_T)

 
 
警官が、砂浜を4輪バイクに乗ってやってきたので、パチ
リ。右下はわたしの汚い足です…、すいません。 (^_^;
夕景です。
今回のプーケットで撮れた唯一の夕日ですが、ちょっと遅
かったかも…!?
 
 
プーケット・パトン・ビーチで、一番賑わっているバング
ラ通りです。
今夜は、バングラ通りではなく、ここからちょっと離れた
場所で、偶然見付けたイサーン料理屋さんが並んでいる所
で食事をしました。
 
 
ここは、普通の通りから離れていて、土の道を通って行く
所にあるので、観光客は来ないみたいです。
わたしは、そういう所で、食事をしたり、飲んだりしたり
するのが大好きなので、大歓迎です。
ヤム・タレー、海鮮魚介サラダです。この大きさで、レッ
ク(小)なので、恐れ入ります。値段も安いし…。
ナム・トック・ムゥー、豚肉のあぶり焼きです。これも、
もちろんレック(小)です。
これは、初めて食べる(飲む)ましたが、トム・セープ・
ムゥー、豚肉やいろいろなものが入ったスープです。名物
料理みたいです。
今回も、ビア・チャーン大と共に、全てとても美味しく戴
きました。
 
お客は、ほとんどがタイ人でした。

今回の発見したイサーン料理屋群の全景です。4〜5軒の
イサーン料理屋さんがかたまっていますが、空き地にでき
た所なので、いつ無くなっても不思議じゃありません。

 
 
午前2時を回ると、さすがのバングラ通りも、お店は開い
ていません。何で、バーとかは、午前2時までしか営業で
きないのでしょうか…、青少年への影響…!?
しかし、持ち帰りの屋台はやっています。
もちろん、寝酒用のつまみを買いにやって来ました。 (^_^;
 
 
これは、初めて見ました。カーウ・トートです。
ご飯を丸めて、油で揚げたものです。
さて、これはなんでしょう?
 
 
上から、カーウ・トート、砂肝焼き、心臓焼き、そしてサ
イクローク・イサーン(豚挽肉ともち米の腸詰め)です。
何のことはない、ガイ・トート、鶏の唐揚げでした。 (^.^;
 
 
 
お馴染みのナム・プリックも見えますが、やたらと肉類が
多いような…!?しかし、全てわたしの胃袋の中に収まっ
てしまいます…、これもタイだからです。(笑)
 
 
to be continued
Go to Foods & Cookings

Return Top

Return prev Go next Back to Home Page