×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2548年(2005年)No. 002
 
     2548年(2005年)9月3日(土) バンコク 〜曇り夕方一時雨どしゃぶり〜
 
タイ滞在2日目…、今日は、ジェット・シー・コンサートを見に行きます。
それも、ポップス系ではなく、ルークトゥンなんです。
 
 
昨夜というか、今朝4時過ぎまで飲んでいたので、朝起きた
のが10時20分過ぎ、頭が痛い…、ちょっと飲み過ぎたか
も…。しかし、そんなことは言っていられない、出発です。
ソイ・ナナでタクシーを拾い、セントラル・プラザ・ラマ2
世店へ向かいます。高速を乗り継ぎ、上記のラマ2世通りに
入り、何となく見たことがある景色が…。
 
 
12時過ぎにセントラル・プラザ・ラマ2世店に到着。
人が多いのは変わりませんね…、外国人があまりいないの
も変わりません。即座に、コンサート会場へ。
ギリギリ間に合ったようで、まだテレビの生放送は始まって
いませんでした。前回のカットの時と違って、みんな地べた
に座って見ています。しかし、自分は一番後ろです。
 
 

最初に登場したのは、オン・オラディ(?)ちゃんです。
ミニスカで登場したので、今回の目当てのメンポーちゃんと
思いましたが違いました。

続いては、ノーン・マイルドちゃんです。最近流行のちびっ
子ルークトゥン歌手で、かなり会場でもうけていました。コ
ンサートが終わった後も外でウロウロしていました…。
 
 

次は、アン・アリサ(?)ちゃんです。
上記のオンちゃんと共に、全く知りませんでした。 しかし、
今回はアップテンポの曲が多かったので、楽しめました。

そして、メンポー・チョンティサーちゃんの登場です。端か
らジワリじわり前に進んで行って、やっと後ろから10列目
くらいです。f(^_^) そこから撮った写真です。
 
 
ラストは、メンポーちゃんとコル・アピチャートとのデュエ
ットですが、相手はどうでもいいです。肉眼ではかなり遠い
ですが、可愛いのはよく分かり、人気ももちろん一番です!
あっという間に終了です。そして、これが会場から出る時に
くれたクノ○ルのカップ・ジョークです。つまりインスタン
トのお粥ですね。また食べていませんが、ピッツァ味とは?
 
 
13時にコンサートが終了し、やっと今日初めてのご飯を食
べることに。昨年はフード・センターでコーラしか飲みませ
んでしたが、今回はしっかりと食べます。

セントラルも左の写真のように、お好みの○○バーツを支払
い、カード式の食券(?)に入力しもらいます。それをそれ
ぞれの店でチョックします。上はご存じぶっかけ飯屋さん!

 
 
こちらはタイでは好んで食べるナムトック味のクウィティア
ウ屋さんです。クウィティアウ・ルア(舟)とも言いますが
舟のマークがあれば、間違いありません。
今回食べたぶっかけ飯2品です。ゲーン・ペット・ムゥ(豚
肉のレッドカレー)とパット・ノーマイ・サイ・ガイ?(筍
と鶏肉の炒め物)だと思います…。
 
 
麺がセンレック(細麺)のナムトック・ムゥ(豚肉)です。
湯通しした血が入っているのが、ナムトックなんですが、コ
クが出て、とっても美味しいです。
これが、朝食兼昼食のブランチになりました。あと水分補給
でコーラ(中)も買っています。もちろん、あっという間に
胃袋の中に収まりました。(笑)
 
 
腹ごしらえをしたところで、セントラル・ラマ2世店の周り
を探索。入り口前で、タタヤンが宣伝してる某歯磨きのイベ
ントをやっていました。タタヤンは来ていませんが…。
再び、ラマ2世通りです。あまり混んでいませんが、バスが
ひっきりなしに通っていました。結構幹線道路のようです。
自分もエアコンバス140番に乗って、アヌサワリーへ…。
 
 
何と、1時間30分もバスに揺られ、アヌサワリー・チャイ
サモラプーム(戦勝記念塔)近くに到着。ここら辺は、大学
生たちが多く、裏道には安いインターネット屋があります。
奥にあるのが、BTSのアヌサワリー・チャイサモラプーム
駅ですが、英語のビクトリー・モニュメント駅の方が覚えや
すいかも…。(^O^;
 
 

これが、アヌサワリー・チャイサモラプーム(戦勝記念塔)
です。8月12日のシリキット王妃の誕生日を祝うメッセー
ジと写真(塔の下中央)が四方向にまだ飾られていました。

BTSのアヌサワリー・チャイサモラプーム駅です。ここか
らいろんな方面にバスが出ているので、乗降客は多いです。

BTSを背にして、左側から乗ることが多いような…?!

 
 
BTSがアヌサワリー・チャイサモラプーム(戦勝記念塔)
の近くを通る証拠写真です。(笑) BTSのアヌサワリー
・チャイサモラプーム駅から撮りました。
そうこうしているうちに夜になってしまい、ホテルでシャワ
ーを浴びて、晩ご飯を食べに…。この店は、2年前発見した
ガソリン・スタンド跡に出来た海鮮屋台です…。
 
 
まだ残っていたなんて信じられませんが、野菜炒めを作って
いるおねえさんは、前回もいました。2年前にアップした写
真を見てみると、エプロンが相変わらず、同じです。f(^_^)

店の規模は若干グレードアップしていて、店員さんも増えて
ました。しかし、何と言っても、隣りにもう1軒お店が増え

ていたのには、驚きです。そちらはこちらよりキレイです。

 
 
海鮮屋台なので、もちろん、いろんな魚やエビ、カニ…、た
くさんの海産物があります。新鮮かどうか、詳しくは分かり
ませんが、客のほとんどはタイ人です。新鮮でしょう…。
その中で、選んだのがこちら。ホーイマレンプー・オップ・
モーディン(ミドリイガイの蒸し焼き)です。何と2日連続
の貝類の登場です。実はこれは序章に過ぎません…。(^^;
 
 
そして、これも初登場、パット・ノーマイファラン(アスパ
ラガス炒め)です。エビと一緒に炒めてありますが、タイに
アスパラガスがあったなんて…?!
何故か、必ず頼んでしまうパット・パックブン・ファイデー
ン…、空芯菜炒めです。空芯菜が日本のより大きいのが、ち
ょっと違うかも…?!
 
 

しかしながら、兎にも角にも、ビアシンで乾杯です。(笑)
それにしても、料理は全てレック(小)で頼んだのに、この
量です。ヤイ(大)ならどれくらいなんだろう…?

またやってしまいました…、ホーイマレンプー・オップ・モ
ーディン(ミドリイガイの蒸し焼き)の貝を取り出し、ナム
ヂム・タレーをかけたところです。
 
 
料理に舌鼓を打ち、酒を酌み交わしながら、いろんな話をし
ているタイ人の若者たち。これは、どこの国の若者も変わり
ませんが、某国の若者のように騒ぎ立ててはいません…。

ビアシン大3本と共に、料理は完食です。右下のホーイマレ
ンプー・オップ・モーディンの付けダレのナムヂム・タレー
は自家製のようで、とても美味しいかったです。

 
 
とは言いながら、まだお腹は満たされないようで、ホテルに
帰って、寝酒するためのつまみを買うことに。こちらは見て
の通り、焼き物屋さんです。
これは、ソムタム・プゥです。プゥなので、もちろん、塩漬
けの沢ガニ(真ん中下の灰色が証拠)入りです。タイに来た
ら、やっぱりソムタムは沢ガニ入りでなきゃ…。(笑)
 
 
こちらは、上の焼き物屋さんで買った焼き物です。
右はサイクローク・イサーン(もち米入りソーセージ)、
左は豚の耳か顔(?)だと思います…。
これは、焼き物屋さんでもらった付け合わせの野菜です。
イサーン系(タイ東北地方)の焼き物屋さんでは、このよう
なサービスが多いですね。しかし、生赤唐辛子が数本も…。
 
 
これは、2年前のこのコーナーでも登場しましたが、最近日
本でも車の移動販売で売っているシシカバブです。タイでは
スクムビット通り・ソイナナ周辺に多いような…?!
そして、海鮮屋台ではビアシンを飲んだので、ホテルではビ
アチャーンにしました。ビールがあまり冷えていなかったの
で、氷も一緒に買って来て、氷を入れて飲みます。
 
 
ホテルでの一人宴の始まりです。テレビのルークトゥン番組
を見ながらの一人宴は、ホントにタイに来ているんだな〜、
って、いつも実感します。
これからも毎晩のように、ホテルに戻った後、このような状
況の中、一人宴が行われて行きます…。だって、2時を過ぎ
ると飲み屋さんが閉まってしまうんだもん…。(>.<)
 
to be continued
 
Go to Foods & Cookings

Return Top

Return prev Go next Back to Home Page