×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2548年(2005年)No. 003
 
     2548年(2005年)9月4日(日) バンコク 〜曇り〜
 

タイ滞在3日目…、昨日のジェット・シー・コンサートで、
中途半端な格好で座って見ていたため、腰を痛めてしまい、
状況によって、腰に激痛が…。
(>.<) 

しかし、今日は、トンチャイ・バードのコンサートを見に行くので、
そんなことを言ってられません。 (^_^;

 
 
朝起きて、ナナ付近にある、アラブ人街をフラフラ…。
ここらの周辺は、何故かアラブ人の好むホテルがあり、イス
ラム・アラブ料理店の数も多いです。
看板やネオンにもアラブ語が目立ち、レストランでは水タバ
コで一服しているアラブ人たちが満足げです。タバコを吸わ
ない自分にとっては、どうでもいいですが…。f(^_^)
 
 
スクムビット通りをプラプラ歩いて、ロビンソン・アソーク
店に到着。店内もプラプラした後、地下のクーポン食堂へ。
このクーポン食堂へは、近いのでよく来ますね…。
何度も登場しますが、ぶっかけ飯屋さんです。毎日少しずつ
ぶっかけメニューの内容が変わるようです。さてと、今日は
何にしようかな?
 
 

また登場…、ナムトック味のクウィティアウ屋さんです。
こちらのお店には、ご覧のように、新鮮な牛豚つみれなどの
麺に入れる具が並んでいます。

今回のぶっかけ飯は、マクワ・パット・プリックゲーン(茄
子の辛子味噌炒め)とパット・ネーム(酸味のあるソーセー
ジ炒め)の2種をかけてもらいました。
 
 

センレック(細麺)の上に、ヌア(牛肉を軽く湯通ししたも
の)を載せもらい、空芯菜やモヤシなどの野菜も載せてもら

い、完成です。赤っぽい色のスープが食欲をそそります。

主菜2種に、コーラをそえて、今日のブランチです。
いつもながら、タイに来ると、異常なほど食欲があり、もち
ろん、あっという間に平らげてしまいました。(笑)
 
 
このクーポン食堂は、そんなに広くはないのですが、近くに
この手の食堂がないので、入れ替わり立ち替わり、ひっきり
なしにお客がご飯を食べています。
お腹も一杯になり、またフラフラと…。
スクムビット通りをソイ・アソーク(アソーク通り)方面へ
歩いて行くと、BTSアソーク駅が見えてきます。
 
 
ここが、ソイ・アソーク(アソーク通り)です。
かなり広い通りで、左に行くとあのグラムミーが、右へ行く
とシリキットコンベンションセンターがあります。

そして、これがMRT(地下鉄)のスクムビット駅です。高
架橋で、上記のBTSアソーク駅とつながっていて、乗り換
えには便利ですが、ちょっと歩きます…。f(^_^)

 
 
MRT(地下鉄)のスクムビット駅の構内です。正面にちょ
っと見える赤いのが、自動改札です。後で出てきますが、ト
ークンやカードをかざして、中に入ります。
現在のルート・マップです。タイ国鉄のホアランポーン駅か
ら、スクムビット通りを抜け、ラチャダーピセーク通りを通
り、同じタイ国鉄のバンスー駅まで通じています。
 
 
これが、キップというか、トークン(右下)の自動販売機で
す。このトークンが磁気になっていて、改札に入る時に、か
ざすと、上記の赤い扉が開きます。
画面ボード上にある行き先をタッチすると、料金が表示され
ます。画面はタイ語ですが、画像にあるように、英語の表記
もあります。
 
 
MRTの乗り場です。最近多くなってきた、列車が来ると扉
が開くようになっているシステムです。安全上や警備上など
問題で、このシステムが取り入れられたのでしょう。
列車が来て、扉が開いたところです。って、日本にあるのと
ほとんど変わりません。トンネル等は日本が主な施工主で、
車両はドイツ・シーメ○ス社製だそうです。
 
 
MRTタイランド・カルチュラル・センター駅(タイ語では
長いので省略)で降り、S氏らに合流し、タクシーでムアン
・トン・タニにあるインパクト・アリーナへ。
1時間弱でインパクト・アリーナに着きましたが、生憎の小
雨の中、インパクト・アリーナに近づいて行くと、とても大
きな会場で、スゴい数の人たちがいて…、流石バードっ!
 
 

ちょっと周りでウダウダした後、会場の中へ。
すでに、コンサート開始の時間は過ぎていますが、 皆さんい
つ始まるか、気が気ではないご様子です。

ほぼ中央の前から4列目の席に着き、後ろを振り返って見る
と、会場内は満員御礼の満席状態…、スゴい熱気がムンムン
伝わってきます!

 
 
おおよそ30分遅れで、コンサートは開始しました。オープ
ニングは、アルバムの1曲目、♪Oh la nor... My love... !
(右下は、コンサート・チケットのプラスティックカード)
"Volume 1" からの唄がぞくぞくと歌われ、仕事場への通勤
中の2週間余り聴き込んでいたので、自分も口ずさめます。
トークも楽しいようで、あちこちで笑い声も聞こえます。
 
 
ステージングも噂通りのエンターテイメント…、素晴らしい
です。バックダンサーも男女、たくさんの人たちが登場し、
ステージを盛り上げます。

HPの表紙以外で、よかった写真を載せてみました。これも
表紙と同じくノー・トリミングです。右手がもうちょっと入
っていればよかったですが、いや〜っ、スゴく男前ですね!

 
 
バック・コーラスは、クリームが務めます。
彼女たちは、CD&VCDデビューしているのに、バック・
コーラスにしてしまうなんて、やっぱりバードです。

こちらが、噂の 2005 Tiwa Hula Hula 〜っ!(笑)
彼女らは
実は、タイCH3の朝番組でコメンターとして活躍
する人たちらしく、今回 2005 〜 の唄を歌ったのでした…。

 
 
過去のヒット曲メドレーが始まると、会場も増々ヒートアッ
プしてきました。素晴らしい歌声、軽快なダンス・ステップ
などなど、とても46歳には見えません。 (^.^;
そして、洋楽のヒット曲メドレーなんかも盛り込まれていま
した。画像は♪YMCAを歌っている時のものですが、これ
また、楽しい演出だな〜っと!\(^O^)/
 
 

決めポーズをパチリ!もちろんノー・トリミングです。多分
一番近づいた時に撮ったと思います。Tシャツにタイ国旗の
3色が使われいます…、おしゃれ〜っ!

コンサートも終盤になり、熱狂的な方々はスタンディングで
声援、我々もだんだん立っての応援が多くなり、コンサート
盛り上がっていくのでした…。

 
 
2時間弱…、コンサートが終了しました。
会場の中から外に出ると、モワーっとした湿気と共に、たく
さんの観客の熱気が未だに尾を引いています。

多くの人はコンサートが終っても、なかなか帰ろうとせず、
周りにたむろしています 。(笑) 自分もコンサート・グッ
ズを買おうとしましたが、良いものがなく…。f(^_^)

 
 
他の日本人観客と合流し、バンコク方面へ行くことになりま
したが、時折雨がぱらつき、タクシーは全然つかまらず、長
い時間待つ羽目に…。
インパクト・アリーナの脇役、象の形に手入れされた植木を
パチリ…。(笑) こういう環境作りは、タイ人って、上手
いな〜って、思います。
 
 
タクシーを降りた後、S氏らと別れ、MRT・BTSを乗り
継ぎ、ナナに戻りました。それで、夕食をするために、朝フ
ラフラした時に見付けた細い裏道にある海鮮料理屋さんに。
この店は、本当かどうか分かりませんが、24時間営業と書
いた紙が貼ってありました。(^_^) 海鮮類は見た感じでは、
新鮮なようです。
 
 
また登場してしまいました、パット・パックカナー・ムゥ・
グロープです。カナー菜は茎の部分がシャキシャキしていて
本当に美味しいです。
これまた登場、ホイクレーン・パウです。実は、今回の訪タ
イでは、毎日のように貝類が夕食に登場するんです。(笑)
(右下は付けタレのナムヂム・タレー)
 
 
今回は初めて登場、カイヂャウ・ムゥ・サップです。挽肉入
りの卵焼きなんですが、ソース・プリック(ホット・チリ・
ソース−画像左)を付けて食べると、とても美味しいです。
これらを、いつものようにビアシン大で頂きます。
タイに滞在している間に、どれだけのビールがタイ料理と共
に、自分の胃の中に流し込まれていくのだろう? (笑)
 
 
ホイクレーン・パウは、単なる赤貝焼きなんですが、ナムヂ
ム・タレーを付けて食べると、何ともなく、貝の美味しさが
口に広がります。アロイ〜っ!
ビアシンの後は、センソムのソーダ割りです。センソムは一
応ラムと表示されていますが、本当はどうなんでしょうか?
自分は、メコンと同類なので、米のウイスキーかと…?!
 
 
このお店は、表通りから外れていることもあり、タイ人の割
合が高いようです。しかしながら、帰り間際に、日本人のグ
ループ(多分)が来ました。セットメニューがあったから?
もちろんのこと、料理は全て自分の胃の中に収まってしまい
ました。しかし、弱くなったのか、センソムのベーン(ハー
フボトル)を全て飲むことが出来ませんでした。(+_+)
 
 
実はこのお店、カラオケもやっていて、一部のお客たちは盛
り上がっていました。奥の席の女性の歌っている様子が…。
Pさん…、自分は歌いませんが、今度行きますか?(笑)
女性たちの歌声もひとしきり聞いて、お店を後にしました。
そして、いつものように、寝酒のつまみを買うために、焼き
物屋さんで何を買おうか、考えているところです。(笑)
 
 
こちらは、アラブ系の人たち御用達のレストランです。
もちろん、ハラル・フードなので、イスラム教徒の方々は安
心して食事が楽しめます。
ちょっと自分も食べたくなり、2種のカレーとご飯を買って
みましたが、左下の画像のように結構量が多く、お値段もち
ょっと張りました…。(^^;
 
 
これが、上の店で買ったカレーたちです。左はベジタブル・
カレー、右はチキンカレーです。ご飯は何も言わなかったの
に、超大盛りっ!流石に食べ切れませんでした。(x_x)
こちらが、焼き物屋さんで買った焼き物です。上から、ネー
ム(酸っぱい味のソーセージ)、サイクローク・イサーン
(餅米の入ったソーセージ)、豚肉の3種です。
 
 
付け合わせでくれたテーンクワー(きゅうり)とホームヤイ
(玉ねぎ)と、付けタレのナムプリック。ホームヤイなんて
珍しいですね。普通はホームデーン(紫玉ねぎ)なのに…。
そして、今夜もビアチャーンでシメです。カレーは甘口で、
ちょっと失敗しましたが、明日プーケットへ向かうので、ど
うなっているのか、妄想を抱きつつ、杯が進みます。
 
to be continued
 
Go to Foods & Cookings

Return Top

Return prev Go next Back to Home Page