×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2548年(2005年)No. 004
 
   

 2548年(2005年)9月5日(月) バンコク 〜曇り〜 プーケット 〜曇り時々晴れ〜

 

タイ滞在4日目…、毎日酒を飲みまくっているせいか、いささかムカムカした気分の中、起床…。
そして、寝る前に、油っこいつまみを食べて、酒をあおっているせいか、お腹も出てきた…。(´・ω・`)
しかし、今日はプーケットに行くんだっと、気分を取り直し、出発です。

 
 
モヤモヤ気分もなんのその…、速攻で荷物をパッキングをし
て、外にいたタクシーに飛び乗り、ドンムアン空港に向かい
ました。30分弱で、国内線ターミナルに到着。
早速、タイ航空(TG)でチケットを買おうとチケット売り
場に行き、並びました。自分の番になって、「プーケット行
き」と告げると、23時の最終まで、席がないという…。
 
 
そんなことはあり得ない、とは思いつつも現実に戻り、プー
ケット行きを就航させている新興の航空会社3社(?)のう
ち、最初に目に付いたタイ・エア・アジア(FD)へ…。
ちょっと時間は空きますが、席が取れますといい、料金は、
TGより約900バーツも安い…。どんな飛行機かと思いつ
つも、速攻で予約しました…。(^.^;
 
 

時間が空いたので、荷物はリフト・バゲージに預け、空港の
周りをフラフラ散策することに。道路や鉄道の上を渡る歩道
橋を通るも、外はかなり暑く、体力が消耗していきます。

この下にある線路はタイ国鉄の線路ですが、遙か向こうに行
くと、終点のホアランポン駅に着きます。本数は少ないので
すが、空港から、ホアランポン駅へも行けるんです。
 
 

そうこうしているうちに、ホアランポン駅へ向かう列車が来
ました。ドンムアン駅は、列車のず〜っと後ろの方にありま
す。国際線ターミナルからは近いです。

歩道橋の端っこから、ドンムアン空港近くの下町を撮してみ
ました。日本人はもちろん、外国人もここら辺には、あまり
来ないのではないでしょうか?
 
 
右上の写真は、この写真の左上の端から撮ったものです。線
路添いの道にず〜っと並んでいるのは、ぶっかけ飯屋・麺屋
さんなど、いろんな料理屋さんが集まった食堂街です。
左の食堂街と道を挟んだこちら側には、どちらかというと、
1軒1軒単独のお店が多く、飯屋さん以外に、揚げ物屋や焼
き物屋、甘物屋さんなんかもありました。
 
 
線路に出てみました。上の写真にもありましたが、右上の高
架は、バンコク都心からドンムアン空港を結ぶはずだった、
高架鉄道の工事の成れの果てです…。(^^;

道を歩いていて、暑いな〜っと上を向いたら、キレイな花が
咲いていたので、撮ってみました。(笑) 今回の訪タイで
撮った唯一の花の写真かも…?!(^o^)

 
 
ホント暑い中を歩き回り、更には朝から何も食べていなかっ
たので、流石にお腹が空いてきていたところ、ぶっかけ飯屋
さんを見付けたので、入りました。
今回のぶっかけ飯2品です。左は小魚の甘辛煮(?)なんで
すが、名前は分からず…。右は、ゲーン・キィヤオ・ワーン
・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)です。
 
 
この手の食堂に必ずいるネコちゃん。ゲーン・キィヤオ・ワ
ーン・ガイの鶏肉をあげたんですが、辛いのか食べず…。
小魚をあげたら、速攻で食べていました。(笑)

これが、朝食兼昼食のブランチになりました。この店は、近
くの銀行員やスーツを着て仕事をするような会社の人たちが
来ていました。あとOL(?)もっ!

 
 
腹ごしらえをし、水分も補給したので、散策を再開です。
こちらがドンムアン空港の国際線ターミナルから見えるワッ
ト・ドンムアンです。それほど大きくはなかったです。
ワット・ドンムアンの入り口です。タイのお寺に来ると、
どんなお寺でもいつも恐縮して、身が引き締まる思いです。
でも、中をあれこれ見て回るのは、楽しいです。
 
 
タイのお寺にはいろいろな様式があり、それぞれ用途ごとの
建物に名前が付いているんでしょうが、全然分かりません。
こちらの建物は、一般的に…?!
これまた、お寺には付きもののネコちゃん。
写真を撮ろうとしたら、こちらを睨んできました。(^O^;
不審者が来たので、威嚇したのでしょうか?(笑)
 
 

この日は、左の青い旗がはためいている建物にある講堂で、
小学生が僧侶の方々から、ご講義を受けていました。流石に
写真は撮れず、ちょっと拝見しただけです…。(^o^;

道にかかっていた小さな橋。何故か、こういう小さな何気な
い造形物が好きで、写真に撮ってしまいます。鷲(?)の下
の短縮した3文字は、何を表すのかな?

 
 
この歩道橋を渡ると、ドンムアン空港の国際線ターミナルに
通じています。本当は、この歩道橋と前述の国内線ターミナ
ルを結ぶ歩道橋の間に、某ホテルを結ぶ歩道橋もあります。
2年前にも載せましたが、アイスをっ!(笑) 
安いアイスはいろんな色が混じったのが好きなので、今回は
このアイスを選びました。シャーベット状のアイスでした。
 
 
FDのカウンターで2時間前(!)にチェックインして、国
内線の待合室に入ったところです。一番手前のゲートから飛
行機の中へ入ります。

FDのカウンターでチケットを買った時、2時間前にチェッ
クインしろと言われたのですが、もう結構な人が集まってき
ていました…、みんなTGに乗れなかったのかな?(笑)

 
 
今回乗ったFDの同型機。実際に乗った飛行機は、出発時刻
の30分前に到着しました。そして、実は座席の指定はなく
フリーの席なので、みんな早く集まってきたのかも…?!
チェックインして、1時間50分待った挙げ句、予定時刻よ
りちょっと遅れて離陸しました。座席はTGより約900バ
ーツも安いからか、かなりチープなビ○ール製(?)っ!
 
 
ドンムアン空港を離陸して、すぐに撮った写真。
機内の座席は見た感じほぼ満席で、自分のちょっと後ろの方
には、何と日本人の団体さんも乗っていました。(^.^;
ここら辺は、多分母なる川・チャオプラヤー川の河口だと思
います。相当汚い川ですが、船も浮かんでいます。右下にあ
る池みたいのは、エビを養殖していた名残でしょうか?
 
 
飛行機の乗って約40分、雲の切れ間から、島が見えてきま
した。シミラン諸島でしょうか?あまり天気が良くなく、雲
がかかっているので、海がキレイに見えません…。
実はプーケットは島で、これはプーケット島ちょっと手前の
タイ本島の海岸ではないかと思います。ここら辺もやはり海
がキレイではありませんね…、雨が降った後っぽいです。
 
 
ほぼ定刻にプーケット空港に到着。空港の周辺は一応青空が
見えています。この空港は、自分がプーケットに来だしてか
ら、ほとんど変わっていません。

実際にバンコクから乗ってきたFD(タイ・エア・アジア)
機です。座席の質やサービス(飲み物などはなし)などを省
略している分、お安いんでしょうね…。(^^;

 
 
預けていて、無事戻ってきた自分の荷物たち。(笑)
乗客の中には、TV局のカメラマンやスゴく大きな荷物を持
ったサラリーマンなどもいました。タイも経費削減…?
バンコクのドンムアン空港と同じくタクシーの勧誘を避け、
空港内でチケットを買い、プーケットではよく利用するミニ
バス乗り場へ。タイでミニバスとは、ワゴン車のことです。
 
 
途中、ミニバスの旅行代理店などで道草をして、直行の約2
倍の時間をかけて、無事、今回プーケット・パトン・ビーチ
でお世話になるホテルの前に。
今回はインターネットで予約をしてあったので、スムースに
チェックイン。部屋に案内してもらい、部屋に入ったら、こ
んな部屋でした。ここ5〜6年で一番良い部屋かも…。(^.^;
 
 
荷物を解くのもそこそこに、速攻でシャワーを浴び、街に出
ました。ホテルからメイン・ロードのターウィウォン(ビー
チ)通りを歩き、約2分で繁華街・バングラ通りに到着!
左の画像のように、バングラ通りは夜間、車両通行止めにな
っていました。歩道を歩くより、余裕を持ってあるくことが
出来るので、便利です。しかし、人は少なそう…?!
 
 
この施設は、2年前はありませんでした。うる覚えですが、
ここら辺は工事中だったような…。1階はバービア(飲み屋
さん)などがたくさん、2階はディスコなど…。
道路の上にかかっている『WELCOME TO PATONG』の電飾
は、以前は左上の写真の車両止めの上辺りにもありましたが
(2年前の写真にも写っています)…。(>_<)
 
 
お腹が空いてきたので、ラトゥティット通りにある海鮮屋台
がたくさん集まったところへ。呼び込みに引かれて、2年前
に行ったお店の隣りのお店に入りました。(笑)
もちろん、海がメインのプーケットにある海鮮屋台なので、
ネタは新鮮です。店員は伊勢エビやプラーチョン(雷魚)な
ど大きなものを薦めますが、1人なので…。(^O^;
 
 
また登場してしまいました、パット・パックブン・ファイデ
ーン(空芯菜炒め)です。一昨日食べたばっかりなのに…。
写真を後で見て、自分でも呆れてしまいました。 ^_^;
こちらは、初登場のホイタラップ・ヌン(ハマグリの香草蒸
し)です。ちょうど良い火の通し加減で、ハマグリがふっく
らしていて、美味しいです。
 
 
こちらも初登場、クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の蒸
し煮)です。下に敷いた豚脂がいい味を出していて、エビと
春雨の味を上手く引き立てています。
これらの3品を今回は、ビアチャーンでっ!
久しぶりのプーケットということで気分がいいので、ガンガ
ン、ガツガツ、ドンドン、胃の中に入っていきます。(笑)
 
 
ビアチャーンを1本空けた後、タイに来てからよく飲む、セ
ンソム(ベーン)をソーダ割りでっ!何故、センソムを飲む
ことが多いのかっていうのは、メコンを扱っていないから。

メコン・ウイスキーを飲める店が少ないのは残念ですが、そ
んなことは言っていられません。飲めるお酒があれば、それ
と共に、タイ料理は完食です〜
。)^o^(

 
 
完食とは言っても、相変わらず寝酒のつまみは買わなくては
なりません。(笑) つまみと言えば、焼き物です。このお
店にはスルメもぶら下がっていますね…。(^O^)
隣の焼き物屋の写真を撮っていたら、後ろに座っていた小僧
がポーズを取り出したので、写真を撮ってあげました。しか
し、お母さんはお客が来たのに、未だに寝ています。f(^_^)
 
 
焼き物です。上から、鶏肉の開き(?)、ネーム(酸っぱい
味のソーセージ)、牛肉です。一番上の焼き物が定かではあ
りません。メモにはサイクロークと書いてありますが…?
今回はビアリーオーで頂きます。実は、このビアリーオーの
製造元はビアシンと同じメーカーで、タイナンバーワンのビ
アチャーンを倒すべく、登場した廉価ビールだったんです。
 
 
そんなこんなで、今晩も1人宴の開始です。(笑)
寝酒のつまみが少ないのは、他のメニューの屋台を見付ける
ことが出来なかったので、こうなってしまいました。
明日はいよいよビーチに行きますが、一体どうなっているん
だろう?(^_^;
to be continued
 
Go to Foods & Cookings

Return Top

Return prev Go next Back to Home Page