×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2548年(2005年)No. 006
 
   

 2548年(2005年)9月7日(水) プーケット 〜晴れ時々曇り一時どしゃ降り〜

 

パトン・ビーチ滞在3日目…、今までとあまり変わらない状況に自分自身も安堵しています。
もちろん、地震による津波が来た時は、みなさん大変ご苦労なさっただろうけど…。

 
 
パトン・ビーチで迎えた2回目の朝、朝食付きなので、ホテ
ルで朝ご飯を食べることに。いつもは、大体朝昼兼用のブラ
ンチとして食べることが多いですが…。
ご覧のように、普通のビュッフェ形式のアメリカン・ブレッ
クファーストでした…。主菜はスクランブル・エッグ、ベー
コン、豆の煮込みなどとトースト、デザートは果物など…。
 
 
いつもの所へ行くと、自分以外にお客は誰もおらず、お客を
世話するのレック(小僧)はそれを見込んで、遙か彼方の波
の上で、サーフィンをしていました。(笑)
今日は昨日に比べ、波が高いようです。結局レック(小僧)
がパラソル&チェアーのお金を取りに来たのは、自分がチェ
アーに寝そべって、1時間以上も経ってからでした。(^.^;
 
 

このパトン・ビーチには、この時期、自分が知っている限り
3艘のクルーザーが浮かんでいます。いずれも名前は『ソム
ナム』。上はオレンジ色を基調にした『ソムナム1号』。

上は青色を基調にした『ソムナム2号』。もう1艘は、確か
水色を基調にした『ソムナム3号』(写真なし)。○号は自
分がかってに付けたものです…。f(^_^)
 
 

その3艘がパラセーリングやバナナ・ボートなどのマリンス
ポーツを展開しています。しかし、オンシーズンになると、
船の数は10艘以上に膨れ上がります。

そして、こちらが、マリンスポーツの雄(?)ジェット・ス
キーです。自分がいつもいる場所の近くに、貸し出しのポイ
ントがあって、外国人を中心に賑わっています。
 
 
パトン・ビーチでは馴染み、チェアーの下で寝そべるワンち
ゃん。日陰が近くにいっぱいあり、わざわざ暑いビーチで寝
そべる必要はないのに、こういう犬は多いです。(+_+)
夕方近くになると、やって来るタイ人の女の子たち。もちろ
ん、日焼けはNGなので、1つのパラソルを借りて、その下
に集まっています。その後、貝を採りに行ったり…。
 
 
今回パトン・ビーチでの2回目の夕景です。雲が多く、あま
りキレイではありませんでした。昨日より、明らかに人が少
ないような気がします。波が高いから…?!

実はビーチを去るちょっと前に、ヒゲのおじさんとも再会し
て、とても元気そうでした。これで、ビーチ関係の知人は皆
さんご健在と分かり、スゴク嬉しかったです。(^o^)

 
 
夕日をバックに散歩するワンちゃん。どの犬にも何故か、首
輪が付いていますが、たぶん飼い犬ではないいんだろうなぁ
〜?!タイ人は優しいから、誰かが付けたんでしょうね?
夕方になると、ビーチ・サッカーと並んで盛んに行われてい
る、ビーチ・バレーです。ビーチ・サッカーは男性中心です
が、ビーチ・バレーは女性中心で行われています。
 
 
いつの間にか、夜になったので、晩ご飯を食べることに。
こちらは、一見ラープのように見えますが、ヤム・パックク
ラチェート(ミズオジギソウのサラダ)です。

こちらは、ガイ・パット・パック・ルアムミット(鶏肉と野
菜炒め)です。いろんな野菜の食感が楽しむことができ、オ
イスターソースが味を引き立て、いいんじゃな〜いっ!

 
 
プーケット名物(?)のナンプリック・クンシアップ(エビ
の辛子味噌ディップ)です。東京だと丸茄子は少ないし、生
で食べないけど、ナンプリックに付けて食べると美味しい。
今日は、野菜尽くしです。ビアシン(大)で頂きます。生野
菜や炒めた野菜、非常にヘルシーな感じがします。実際のと
ころ、タイ人は野菜をたくさん食べていますよね…。
 
 
久しぶりのメコン(・ウイスキー)のベーン(小瓶)です。
クロム(大瓶)を飲むのは、流石に無理なので…。何故か、
ソーダはビアシンの会社のものしか見かけませんね…?
このお店には、大きなモニターが添え付けられていて、ちょ
うど、サッカーのワールドカップ欧州予選をやっていて、徐
々に西洋人やタイ人などのお客が増えて来ました。
 
 

モニター近くは西洋人が中心、ちょっと離れたところにタイ
人が、すごく離れたところに自分がいます。(^o^; そうこう
して、歓声や落胆の声の元、時間が過ぎてゆきます。

午前2時を過ぎたバングラー通り。2年前は、2時を過ぎて
もお酒を出しているお店はありましたが、上からの規制のせ
いか、あるいはお客が少ないせいか、今はありません。

 
 
でも、どこにでも移動できる屋台は別です。お店が終わった
後小腹が空いた店の人や、自分のように寝酒のつまみ(笑)
を求めるお客がいるので、所々で見かけます。

毎度登場する焼き物屋さんです。いろんなお店で買っている
ので、どこが美味しいのか分かりませんし、酔っぱらってい
るので、味についてもほとんど覚えていません。(^.^;

 
 
初めて登場(?)コーンワーン(甘いもの)屋さんです。開
店当初は台一杯に、沢山の甘いものが並んでいますが、夜遅
くなると、残り僅かに…。お客はやはり女性が多いですね。

こちらは、晩ご飯を食べたお店からテイクアウトしたカオ・
パット・ムゥ(豚肉焼き飯)です。今は午前2時を過ぎると
作ってくれるところがないので、作ってもらっていました。

 
 
上から、ルークチン・ムゥ(豚肉のつみれ)、ネーム(酸味
ソーセージ)、ガイ(鶏肉)です。これが本当にビールのつ
まみとして、合うんですよね〜っ!
カノム(お菓子)です。左がたぶんカノム・モーゲーン(焼
きプリンのようなもの)、右は?…、ココナッツのババロア
でしょうか?とても甘いのが多いけど、自分は好きです。
 
 
初めて見た、ビア・レッドホース。名前の通り、赤い馬ビー
ル(笑)です。調べてみると、フィリピンのサンミゲル社が
作る庶民向けビールのようです。強い度数が強み…?!
そんでもって、今夜の寝酒&つまみが揃いました。いつもの
ように、チョン・ヂェット(7チャンネル)のルークトゥン
番組を見ながら、寝酒の始まりです。(笑)
 
to be continued
 
Go to Foods & Cookings

Return Top

Return prev Go next Back to Home Page