×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2551年(2008年) No. 002
 
       2551年(2008年)2月18日(月) バンコク 〜晴れ時々曇り〜
 

タイ滞在2日目ですが、特に予定はなく、どうしましようか…。
ちょっと考えて、昨日何となく思っていた、『チャオプラヤー川・1日ボートの旅』でもしようかな…っと!

 
 
 

朝9時過ぎに起床。
2年半ぶりのタイということで、昨夜は結構ビールを飲んでしまい、
何度か目は覚めたのですが、結局ウダウダ…、この時間に起きました。

シャワーを浴びて、気と身をスッキリとさせ、ホテルの部屋を出て、スク
ムビット通りをウロウロ…。ロビンソン・アソーク店の地下にあるクーポ
ン式の食堂に入りました。さてと、何にしようかな…?!
 
 

昨日は食べられなかったので、やっぱり『ぶっかけ飯』かな〜っ!(笑)
パットに入った15種類ほどあるおかずをあれこれ見て、『マクワ・パッ
ト・プリック・ゲーン』『ガパオ・ガイ』の2種類を選びました。

そして、コーンワーン(デザート)もっ! f(^_^)
まだ早いせいか、全部揃っていないようでしたが、『ルアム・ミット』 に
して、2〜3種類混ぜてもらいました。

 
 
そして、コーラも付けて、今回の訪タイで食べる初めての朝食です。
『マクワ・パット・プリック・ゲーン(茄子の辛子味噌炒め)』も美味し
いけど、やっぱり『ガパオ・ガイ(鶏肉のガパオ炒め)』は最高です!

『ルアム・ミット』 は緑色の唐辛子の形(?)をしたもの、透明な麺状の
もの、そして、半透明な大豆を大きくしたようなもの…、それぞれが甘い
シロップと相まって、美味しいな〜っ!

 
 
しっかり完食し、お腹も満足満足…。
外に出ると、相変わらず、スクムビット通りは渋滞しています。バスで移
動しようか?とも思っていましたが、やっぱりBTSにしました。
BTSのアソーク駅です。
11時過ぎですが、あまり混んでいません。朝ちょっと考えた通り、
『チャオプラヤー川・1日ボートの旅』をすることにしました。
 
 
BTSはほぼ時間通りに運行しているので、本当に使い勝手がいいです。
まだまだ路線が少ないのは残念ですが、MRT(地下鉄)と共に、どんど
ん路線を延ばして欲しいな〜っ!

で、やってきたはBTSのサパーン・タクシン(タクシン橋)駅です。
5年前に来た時はまだ工事中でしたが、現在は見渡す限りでは、橋の向こ
うまでは完成している様子です。 いつ延長線は開通するのだろう?

 
 

サパーン・タクシン駅を降りてきたところです。
実は川側には降りたことがなく、いつも反対側に降りているのですが、ちょっとした公園みたいのがあり、3THB支払って、トイレを…。 (^^;

ここがサパーン・タクシン駅近くにある船着き場サトンです。
ここから『チャオプラヤー川』の主な船着き場を行き来出来る船が出てい
るため、欧米系を中心とした大勢の外国人が船を待っています。
 
 
船の案内図を見てみると、いろんな船着き場があるんですね〜。
端から端まで行ってみたい欲望が起きましたが、とりあえず、多くの観光
客が利用するチケットを購入することに…。

これがそのチケットです。
『チャオプラヤー・ツーリスト・ボート・ワン・ディ・リバー・パス』 と
言うみたいです。8ヵ所ほどの船着き場間を乗り放題出来ます。

 
 
船に乗り込むまで、ちょっと時間があったので、サパーン・タクシン(タ
クシン橋)に行ってみました。中央左側にあるのが、BTSサパーン・タ
クシン駅です。
『チャオプラヤー川』です! \(^o^)/
いろいろな船が浮かんでいたり、走っていたりしています。
決して綺麗ではありませんが、聖なる川です。
 
 
サトン船着き場は、今回乗る『ワン・ディ・リバー・パス』の船以外に、
対岸にあるホテルへ客を送るために使う船もかなりあり、それなりに、混
雑することもあるようです。
船に乗る時間になりました。
 
 
後方の川側の席に座った位置から撮った写真です。 船の中は、3分の2くらいの入りでしょうか?
大きな食料品を持ったタイ人が1人いるくらいで、その他は観光客がほと
んどで、日本人は自分だけみたいです。
 
 
出航です。
川側なのに、思ったほど水しぶきが来ず、安心しました。
陸地にいた時はちょっと暑かったのですが、水の上は快適です。
今回乗った船から見ることが出来た建物その1です。
 
 
水しぶきが結構立っています。
『ルーア・ドゥアン(乗合船)』や『荷物船』、『土砂運搬船』など、
いろいろな船が行き交います。
『ワット・アルン(暁の寺)』が見えてきました。
後ほど、行くので、詳細は後に…。
 
 

貸し切り用の『ルーア・ハンヤオ(高速乗合船)』でしょうか。
『ルーア・ハンヤオ』はセンセープ運河などの運河で通勤客を運ぶ
イメージがあるのですが、こちらは観光客用ですよね。

今回乗った船から見ることが出来た建物その2です。

 
 
橋名分からず…。 『チャオプラヤー川』には上記のような綺麗な建物だけではく、庶民が住
んでいる掘っ建て小屋みたいな建物も数多くあります。これもその1つで
すが、こんな所に住んでみたい気がしないでもありません。(笑)
 
 
途中で降りた人たちもいますが、大体こんな感じの入りです。
船着き場マハラートです。
国立博物館やタマサート大学へ行くのでしょうか?
ここでかなりの人が降りました。
 
 
国立博物館でしょうか? 再び、『ワット・アルン(暁の寺)』です。
『ワット・アルン』へは対岸の船乗り場ターティアンから『ルーア・カー
ム・ファーク(渡し船)』に乗って行きます。
 
 

『ワット・アルン』から帰ってくる『ルーア・ハンヤオ(高速乗合船)』
です。欧米系の人がたった2人でチャーターしたようですが、一体いくら
かかるのかな〜?

先ほどまで乗っていた『ワン・ディ・リバー・パス』の船です。
『ワン・ディ・リバー・パス』以外に、それぞれの船着き場に行く船とし
ても使われているようです。
 
 
『ワット・アルン』の船着き場へ乗って行く船です。
欧米系を中心とした大勢の観光客が乗り込みます。
以前は1バーツだった渡し船料が3.5バーツになっていました。

5バーツの支払ったのに、0.5バーツ(50サタン)の硬貨がなかった
ため、おつりは1バーツでした…
。 (^.^;
こちらは、 『ワット・アルン』の船着き場です。

 
 
『ワット・アルン』前の川沿いにある公園みたいなところです。
タイ人の子どもや学生たちが日陰やサーラー(休憩所)で話をしたり、
おやつを食べたりしていました。
『ワット・アルン』の入口です。入館料は50バーツです。
 
 
タイではキラキラした黄金色が中心のお寺が多い中、『ワット・アルン』
は本当に落ち着いた趣のあるお寺ですね。ヒンドゥー教の影響があるとは
いえ、一般的なタイの仏教寺院とは違いますね。
『ワット・アルン』いろいろ…。
 
 
仏塔を支えるヤック(鬼)などなど…。 5年前に来た時は改修中で登れませんでしたが、今回は階段で仏塔に中腹
まで登れます。それにしても、急な階段です。みんな手すりのポールをし
っかりと握りながら恐る恐る階段を上っています。もちろん自分もっ!
 
 
今回『ワット・アルン』の行ける一番高い所から見えた景色です。
とても景色が良く、風がとっても気持ち良いです!
果てしなく『チャオプラヤー川』が続きます。
こちら側は上流ですが、ヨム川とピン川が交差する地点・北部のナコーン
サワンから始まっているそうです。
 
 

正面に見える突き建ったものがある所は『ワット・ポー』でしょうか。
大きな寝釈迦像やタイのマッサージの総本山として有名ですが、やはり
かなり大きな敷地にあるようです。

『ワット・アルン』から見えた景色様々…。
 
 

階段を上から見たところです。
真ん中辺りでも、仏塔の周辺を回ることが出来ます。
でも、本当に急な階段です。

『ワット・アルン(暁の寺)』、そして『チャオプラヤー川』…、眺めているだけで、癒されますね…。
 
 
『ワット・アルン(暁の寺)』のご本尊? 仏塔の横には、礼拝をするところがあり、次々と女性方がお祈りをしてい
ました。『エラワン・プーム』でもそうですが、どこでもお祈りしている
のは女性が多いような気がします。
 
 
『ワット・アルン』に次ぎ来られるのはいつかな…? 近くに学校があるようで、丁度下校時間と重なりました。
セーラー服に身を包んだ中学生(?)や小学生たちが近くの屋台でおやつ
を買って立ち食いしたり、サーラー(休憩所)で話をしていたり…。
 
 

『ワット・アルン』の船乗り場近くで佇んでいる小学生(?)…。
女の子同士で何やら話をしています。こう言う景色を見ていると、
気が和むと言うか、本当に癒されるんですよね〜っ!

お茶目な子がいて、こちらを見て、ピースサインをくれました!
 
 
『ワット・アルン』から帰ってきました。
こちらは船着き場ターティアンにある食堂ですが、欧米人で一杯です。
欧米の人たちって、こう言う所が何故か好きですよね。
ターティアンの入口です。ちょっとした市場になっています。
正装姿の女性兵士か女性警官でしょうか、お坊さんとミスマッチ…。
 
 

ターティアンから気が向くままに散策しました。
一応、ヤワラー(チャイナ・タウン) 方向に向かいましたが、こちらでも
小学校の下校時間と重なり、大勢の子どもたちでごった返しています。

迎えに来た親と一緒だったり、迎えのバスに乗ったり、屋台で果物や お菓
子などのおやつを買ったり、人それぞれですが、みんな楽しそうです。
 
 
橋の欄干などに腰を掛けてぶっかけ飯やおやつを食べたり、車の荷台に乗
り上げて、「何にしようかな…?」なんて考えたりしているのを見ている
と、子どもの頃に戻りたい、なんてね…。
こちらは船着き場ラーチニーで見かけた光景です。
小学生の女の子が黄色のベストを着ているところですが、
これはライフジャケットのようです。川に落ちたら大変ですからね…。
 
 
倉庫街から見えた『ワット・アルン』です。
かなり前にこの周辺に来た時に見付けました。
ここら辺りは全然変わっていないですね。
地図を全く見ずに歩き回りましたので、ここはどこだか…。 f(^_^)
 
 

店舗の果物屋さんです。
タイに行った2月は乾季のため、好きな『ンゴ(ランブータン)』や
『マックト(マンゴスチン)』はほとんど並んでいませんでした。

こちらは屋台や車の荷台を利用した果物屋さんです。
 
 

小腹が空いてきたので、ご飯を食べることにしました。
美味しそうな鶏肉などが並んでいるお店があったので、
こちらのお店で食べることにしました。

『カオ・マン・ガイ(茹で鶏ごはん)』です。
茹でた柔らかい鶏肉とそのスープで炊いたご飯、そして独特の甘辛いタレの組み合わせが本当に絶妙ですねぇ!美味しいな〜っ!!
 
 
お腹も満ちたので、そろそろ移動しますか。
実は全く地図を見ずに行動していたので、位置が全然分からずにいたので
すが、やっとずーっと昔来たことがあるオールド・サヤームに…。
そうこうしている内に、『赤バス1番』が来たので乗っちゃいました。
料金は7.5バーツです。10バーツ支払うと、しっかり2.5バーツの
おつりをくれました。(笑)
 
 

こう言ったバスとかで、いろいろ見て回るのが好きなんです。
何となく風情があるし、タイ人の色んな振る舞いを見ることが出来るし、
ゆったりと行動で出来るのが自分には合っているんですよね〜っ!

ここはヤワラー通りではなく、一本隣りのチャルンクルン通りですが、
チャイナ・タウンはスルーして、そのままバスに乗って、タイ国鉄の
ホアランポーン駅に向かうことにしました。
 
 
乗ってきた『赤バス1番』です。
ここから2〜3分歩いたところに駅があります。

タイ国鉄のホアランポーン駅です。
今回は中へは入りませんでしたが、タイに来出してからは必ず来ていまし
た。何となく、田舎者が上野駅や東京駅に行く感覚でしょうか?(笑)

 
 

MRT(地下鉄)ホアランポーン駅です。
政権がまた交代し、ちょっと治安が不安定になっているのか、
入口では警備員が立っていて、荷物をチェックされている人もいます。

ホアランポーン駅の構内です。
2年半前にMRTに乗った時も思いましたが、BTSに比べ、
客が少ないように思います。気のせいかもしれませんが…?!
 
 
果物が食べたくなったので、買っちゃいました。
『マラコー(パパイヤ)』と『サパロット(パイナップル)』です。
この果物はどんな季節や時期にも関わらず、いつでもあるようです。
特に、 『マラコー』は大好きなので、良く食べます。
 
 
ホテルに戻り、部屋の中で『マラコー』や『サパロット』を食べながら、
テレビを見ていたら、ニコルが出ていました。後で分かりましたが、メーウと2ショットで離婚会見の様子でした。(画像は翌日買った新聞)
この時は、薄々「離婚したのかな?」と感じながらも、詳しく分からなか
ったので、「何があったんだろう?」と思いながら、晩ご飯を食べに…。
場所はこちらの海鮮屋台です。
 
 
こちらのお店は5年前に発見し、2年半前に訪タイした時にも
2回ほど行ったガソリン・スタンド跡に出来た海鮮屋台です。
まだまだ、健在でした。

海鮮や野菜ものなどを注文しました。
でも、中華鍋で炒め物を作る人は、5年前や2年半前に来た時に作ってい
た女性ではありませんでした。あの人はどうしたのかな…?

 
 
とりあえず、『ビア・リオー』大瓶で乾杯です!
「グビグビ!」「プハー!!」、そして、トクトク…、「グビグビ!」、
暑い中、いろんな所へ歩き回った後に飲むビールは最高です!

まず、『パット・パッカナー・ムゥグロープ(カイラン菜とカリカリ豚肉
炒め物)』です。パッカナーの茎のシャキシャキの部分が好きで、良く食
べますが、豚肉との相性も良いですね〜っ!

 
 
『ヤム・ウンセン(春雨サラダ)』です。
とっても一杯海鮮類が入っていて、とっても美味しいです!
でも、プリッキーヌが紛れ込んでいて、辛かった〜。 (x_x)
こちらは『プラームック・トート・グラティアム(イカの揚げニンニクか
け)』です。海鮮類が乗っていたパットを見ていたら、気になったので、
注文しちゃいました。これが酒のつまみには悪くないです!
 
 

集合写真です!
タイの料理屋さんは注文してから、料理が出て来るのが早いので、 ちょっ
と待つだけで、料理の集合写真が撮れてしまうので、つい…。 f(^_^)

ビールは大瓶1本にしておいて、『メコン(・ウイスキー)』に代えよう
と思いましたが、お店に置いていないと言うことで、『センソム』の登場
です。個人的には『メコン』の方が好きなんですが…。
 
 

賄いの食事をしているお店の従業員の方々です。
自分が行った時はちょっとヒマだったので、 従業員の皆さんもかなりくつ
ろいでいたようで、食事をしながら、世間話をしていました。

完食・完飲〜っ!
いや〜、2年半ぶりに来ましたが、雰囲気は全然変わっておらず、相変わ
らずリーズナブルなお店なので、ずーっとこのままでいて欲しいな〜っ!

 
 
酔っぱらって、撮った写真です。(笑)
夜景モードで撮ったので、車は当然、歩いている人も、
車のヘッドライトが当たっているところだけ、写っています。
〆に『アイス』と『パンの砂糖かけ』を買いました。『アイス』はパッケ
ージに描いてある牛の模様が気になったのと、『パンの砂糖かけ』 はどん
な味か気になって。そして、夜は更けていきました…。
 
    ※ 感想やコメントは、弊ブログ「つむじ風の気持ち」の方にお願い致します〜っ!
  □「つむじ風の気持ち」
  □   〃  『訪タイ記 2008.02.18 ブログ』
 
Return to Top Go to Foods Return prev Go next Back to Home Page Back to Blog