×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
   
2551年(2008年) No. 005
 
       2551年(2008年)2月21日(木) プーケット 〜晴れ〜
 

きょうは、バイクをレンタルしたので、
パトンビーチ近郊のビーチなど観光スポットを探索しますっ!

 
 
 

朝8時に過ぎに起床。
段々とタイの時間に慣れてきていて、日本との時差2時間のことを
考えると、朝10時…。日本に帰ってからは大丈夫だろうか…?

とは言え、朝ご飯を食べに、外へ…。
道に "Patong Beach" と書いてあるプレートを見付け、パチリっ!
 
 

やって来たお店は、昨日も食べたラーン・カウ・ラートゲーン(ぶっかけ
飯屋)さんです。日本にいる時は朝ご飯はほとんど食べませんが、タイに
来ると、朝ご飯、特にご飯モノが無性に食べたくなります。

ちょっと探してみたのですが、今回泊まったホテルの近くで、
朝からご飯モノを食べさせてくれるお店がこちらしかなく、
どうしても、足が向いてしまいます。
 
 

で、今回選んだおかずがこちらです。
『ガイ・パット・ノーマイ(鶏肉とタケノコの炒め物)』と
『マクワ・パット・プリック・ゲーン(茄子の辛子味噌炒め)』です。

ぶっかけ飯って、本当に美味しいですねっ! (^o^)
いろんな種類の中から、その日に食べたいものを選ぶことも出来るし。
そして、こちらのお店では『ナム・プリック』も付くし、最高です!

 
 

お腹も満ちたので、きょうのメインイベントで使うバイクを借りにレンタ
ル屋さんに…。その時にあった3種類のバイクの中から、選んだのがこち
らのでバイクです。

レンタルしたのが、HONDA "Click" というバイクです。
バイクというよりスクーターなんですが、なかなか乗り心地は良いです。
でも、バイクに乗るのが、2年半前に同じパトンで乗って以来…。(笑)
 
 
まずはガソリンスタンドで、ガソリンを補給です。
日本でもそうですが、タイでもレンタルした時はほとんどガソリンが
入っていません。とりあえず、100バーツ分入れてもらいました。

今回はパトンビーチからプロムテップ岬を目指します。
ガソリンもたっぷり入ったことだし、早速、レッツっらゴー!

 
 

途中にあったコンビニで水などの水物を購入して、
パトンビーチと反対側の丘をドンドン登っていきます。
2年半前も来たはずなのに、なかなか丘の上に行く道に出会えず…。 (^^;

いろいろ探して、やっと丘の上に行く道に辿り着きました…。(笑)
 
 
そして、坂道をずんずん上り、気になったモノを発見。
リゾートマンションの売り出し中の看板でしょうか…!?
そこから見えた景色がこちらです!

なかなか良いですね〜っ!

 
 
更に丘をどんどん登っていたら、こんな建物を発見しました。
まだ建設途中の家なんですが、もうかなり前に建設を中止したらしく、
建設資材やゴミなどが散らばっていました。
そして、その家に入ってみました。
この家の前だけ、樹木が全くなく、パトンビーチが一望出来ます。
いや〜っ、 ここから見える景色は絶景ですね〜っ!
 
 
絶景を見た後、丘を下り、峠を越したりして、着いたのがこちらです。

2年半前も通りましたが、パトンビーチの隣りのとても長いカロンビーチ
を一望出来るポイントです。ビーチには紫色のパラソルが多いですね。た
ぶん、某銀行の広告が入ったパラソルです。(笑)

 
 
カロンビーチの北部の海岸沿いに出来た公園(?)です。
2年半前に来た時は、まだ工事中でしたが、流石に今回は完成していまし
た。池にも水が溜まっていました。

名前は分かりませんが、池には白い鳥が数羽佇んでいます…。
溜まった水も
なかり馴染んでいる証拠でしょうか?

 
 

でも、人はほとんどいませんでした…。

こちらが、カロンビーチの北部です。
カロンビーチは約4kmにも及ぶ長いビーチですので、途中数カ所寄ってみようと思います。でも、太陽の光が反射して、とっても暑いです!

 
 
カロンビーチの北部あれこれ…。

ビーチ近くの砂山で、女の子が砂遊びをしていました。
子どもが何かをしていると、つい、カメラを向けてしまいます。
何を作っているのかな…?!

 
 

どんどん、カロンビーチを行きます。

2年半前にはあったサークル状の交差点です。
まだ未完成だった歩道廻りの花壇なども立派に完成していて、
景観に馴染んでいて、良い感じになっています

 
 

これまた、2年半前にもあった龍の口から水…?!
2年半前のこのコーナーでも書きましたが、本当にとても綺麗に整備され
て来ていて、屋台もちらほら…。なかなか良い場所になりつつあります。

晴天の下、バイクで走り通しで、腕がヒリヒリしてきました…。
 
 
こちらはカロンビーチの真ん中辺りです。

観光客ははかなりいるんですが、暑いのか、ほとんどの人がパラソルの下
で、本を読んだり、音楽を聴いたり…。ここら辺りでは、時々、大きい波
が来ていて、歓声を上げてその波に乗る姿が気持ち良さそうです。

 
 

カロンビーチの真ん中あれこれ…。

何か2年半前も、ここら辺りで、休憩したことを思い出し、パチリ。
何のことはない場所なんですが、走馬燈のように、脳裏に浮かんできまし
た。ここら辺に、食堂があったら入ったのにな…?!

 
 

そして、こちらがカロンビーチの南部です…。
2年半前も、ここからビーチへ行っています。 f(^_^)
海が水色〜青色〜紺色と変わっていって、素晴らしいコントラストです。

端っこまで行けば、岩場もあるし、ここら辺りも、いい場所ですね。

 
 

カロンビーチの南部あれこれ…。。

ここでカロンビーチともお別れです。
この道を真っ直ぐ行くと、カタヤイビーチへ辿り着きます。
写真には撮りませんでしたが、途中には色んなお店が並んでいます。

 
 

カタヤイビーチの北部です。

ホワイト・バランスのせいかもしれませんが、このビーチだけ、ちょっと
砂の色が違いますね。それにしても、この周辺は欧米系の人が多いような
気がします、って、この時期はどこもそうか? f(^_^)
 
 
カタヤイビーチの北部あれこれです…。 ビーチをちょっと歩きましたが、このビーチは家族連れが多いようです。
波打ち際では、子どもたちがお城を造ったり、砂遊びをしていました。
自分も童心に戻りたいな〜っ! (^o^)
 
 
カタヤイビーチの真ん中辺りです…。

もしかしたら、プーケット西部側の海岸では、このビーチが一番キレイか
もしれません。とっても落ち着いているので、パトンビーチの喧噪の避け
て、静かに過ごそうと、多くの人たちがこちらに来ているかも…。

 
 
カタヤイビーチの真ん中あれこれ…。 このビーチ沿いのほとんどは、某クラブ・メ○ドが開発したこともあり、
欧米系の人たちが、朝から日が沈むまで、サンラウンジャーの上で本を読
んだり、海に入ったりして過ごすなど、ビーチライフを楽しんでいます。
 
 

カタヤイビーチから隣のビーチへ向かう峠の上の木々の間から見えた光景
です。これから向かうビーチが見えています。海に白い部分が多く、ちょ
っと波が高いような気がしますが、どうかな…?!

カタノーイビーチです。
 
 

隣りのカタヤイビーチの某クラブ・メ○ド同様、こちらも某カタ○ニがビ
ーチのほとんどを占めているそうで、欧米系の人たちがビーチをプラプラ
したり、金髪の子どもたちが海ではしゃいだり…。

ここら辺りもキレイだな〜。

 
 
カタノーイビーチあれこれです…。 兄妹でしょうか?
2人で砂遊びをした後、兄ちゃんが妹ちゃんをここに連れてきて、波打ち
際で2人で海を見ていました。でも、妹ちゃんは砂が気になるようで…。
 
 

バイクはまだまだ、森の中を抜けていきます…。

実は、プーケット西部側で来たことあるのは、カタノーイビーチまでで、
ここから先はまだ一回も行ったことがない地域になります。
何があるのかな…?! \(^^\)
 
 

途中、象さんを発見しました。
じっと観察ながら、写真を撮っていても、この象さんはあまり動かず、
こちらをチラリと見たり、ソッポを向いたり…。

水牛さんもいました。

 
 

カタ・ビューポイントにやって来ました。

手前から、カタノーイビーチ、カタヤイビーチ、そしてカロンビーチが
一望できます。残念ながら、パトンビーチまでは見えないようです。
それにしても、ビーチが連なる様子は壮観ですね〜っ!
 
 

カタ・ビューポイントの庭に咲いていた花々です。
赤や白、ピンクにオレンジなど…、色とりどりの花々を見ていたら、
つい、写真を撮りたくなり、撮った写真です。でも、イマイチかな…?!

まだまだ先は続きます…。
 
 

途中で見付けた展望台から撮った写真です。
展望台の名前は分かりませんが、カタ・ビューポイントと最終目的地のプロムテップ岬の間にあります。船の上でボンヤリするのも…。 v(^_^)

チラッと見えるのは、カタノーイビーチでしょうか…?!
 
 
素晴らしい青色が出ていますね〜っ!

名前は分かりませんが、この島にはこちらから見た限り大きな砂浜は見当
たりませんでした。でも、このような島で前面に小さな砂浜があるバンガ
ローで過ごしてみたいと思うことも…。(笑)

 
 

展望台から見えたこの小ぢんまりとしたビーチ…、
とても気になります。

展望台からはプロムテップ岬も見えます。
丘に沿って、綺麗な道が整備されていて、
その頂上がプロムテップ岬の公園になります。
 
 
気になった小ぢんまりとしたビーチは、ヤヌイビーチと言うみたいです。
2〜300メートルくらいの小さなビーチですが、砂浜だけなく、岩場も
あり、磯遊びにはかなり良い場所からもしれません。家族連れがたくさん
いて、子どもたちが岩場でカニや貝などを捕っていました。
 
 
ヤヌイビーチあれこれです…。

写真の左上にチラッと写っているのが、先ほど行ったカタ・ビューポイン
トとプロムテップ岬の間にある展望台です。ヤヌイビーチは丘と丘の間に
あるビーチで、ちょっと隠れ家的な感じがします。

 
 
ヤヌイビーチの南側にある岩場です。
磯遊びに最適かも…。
最終目的地のプロムテップ岬に着きました。
先ほど行ったカタ・ビューポイントとこちらのプロムテップ岬の間にあっ
た展望台とは規模が全然違い、とっても大きな公園に整備されています。
 
 
駐車場から階段を登って最初にあったプーム(祠)です。
たくさんのタイ人がお参りをしていました。
色とりどりのお供え物が飾られていました。
灯台です。
中は小さな博物館になっています。
 
 
プロムテップ岬あれこれです…。
プロムテップ岬はプーケット島の最南端に位置する小高い丘の上にある岬
です。真っ青な海の中に緑色の島々が所々に浮かんでいて、壮大なパノラ
マが堪能出来、自然の偉大さを感じることが出来ます。
 
 
今回は昼間の訪問ですが、プロムテップ岬は壮大なパノラマだけでなく、
美しい夕日が見られることでも有名です。海の色が青色から段々とオレン
ジ色に変化していく様子はとても幻想的だそうです。今度は夕方に…。
あのビーチはカタノーイビーチでしょうか…?
 
 
プロムテップ岬から降りてきました。
こちらはカタノーイビーチからプロムテップ岬へ行く途中で見かけた湖で
す。先ほどは素通りしましたが、人工的に作られた湖のようです。
池で水遊び…?
 
 
こちらでも池で水遊びですが、タイ人は海だと波があって怖いのか、目の
前に大きな海原があるのに、こちらのような波の全くない小さな池で遊ん
でいるのを見かけることが多いような気がしますが…。
こちらはナイハンビーチです。
 
 
ナイハンビーチあれこれです…。
ちょっと順番が逆になりましたが、ナイハンビーチはカタノーイビーチの
南、ヤヌイビーチの北に位置しています。どちらかと言うと、家族連れよ
りもカップルや友人同士で来ている人が多いようです。
 
 

ナイハンビーチを後にして、平地を気持ち良く飛ばし、小山を慎重に走っ
ていたら、急に何かクッションが悪い感じがしてきました。バイクをよく
見てみると、後ろのタイヤ
がパンクしてしまいました…。 (>_<)

パンクして、道の端で呆然としていたら、通りすがりの女の人が、向こう
に修理場があるようなことを教えてくれたので、1キロ程行ってみると、
左上の修理場がありました。通りすがりの女の人に感謝感謝ですっ!
 
 
パンクも直ったことだし、さっさっとパトンへ帰りましょっ! パトンへ向かって、道を順調に走っていたら、結構立派なキック・
ボクシング・ジムを発見しました。こんな山の中にもあるんですね!
でも、設備はかなり新しい物が揃っていました。
 
 
小高い所から見られる最後の場所に着きました。
こちらは先に載せましたが、カロンビーチを一望出来るポイントです。
次ぎに、ここに来られるのはいつかな…?
何とか、パトンビーチに戻ってきました…。
 
 

結局、ビーチ&岬巡りでは全く何も食べず、水分を補給しただけだったの
で、お腹がかなり空きました。そこで、宿泊しているホテルから歩いて数
分の所にある、
ちょっと気になっていたお粥屋さんへ…。

食べたのは『カオトム・ムゥサップ・サイ・カイ(豚肉団子入りのおかゆ
+生玉子)』です。廻りの人も入れていましたが、生玉子を入れるのがポ
イントみたいです。玉子がおかゆを円やかにして、美味しいな〜!
 
 
この後、ホテルの部屋に戻ったのですが、バイクに乗ったのはもちろん、
2年半ぶりで久しぶりのツーリングで疲れてしまい、ベッドの上で休んで
いたら、いつの間にか、寝てしまっていました…。

その後夜になって復活し、ツーリング中に見付けたラーン・カウ・
ラートゲーン(ぶっかけ飯屋)さんで、一杯飲むことにしました。

 
 
おカアさんがよそってくれます。
このお店はこのおカアさんが給仕をし、2人の女の子が料理などを
運ぶのですが、このおカアさんがちょっと曲者でした…。(笑)
まずは、『パット・キン・ガイ(鶏肉の生姜炒め)』です。
このお店では、鶏肉は普通の肉ではなく、モツ系が入っています。
ご飯のおかずのイメージがありますが、ビールにも合いますよ!
 
 
こちらは、『トム・カー・ガイ(鶏肉のココナッツスープ)』です。
実はここまでの2種類のおかずは、注文する前に、おカアさんが
「美味しいよ! 」って、勝手によそってくれたものでした…。 (^O^;
『サイウア(ハーブの腸詰め)』です。
こちらは、自分がちゃんと注文したものです。(笑)
肉の粒がそれなりで、食べ応えがありました。
 
 

そして、『ナム・プリック(野菜などと食べるディップ)』です。
タイに来た時は食べ過ぎることが多いので、夜の食事の時は必ず
野菜類を一緒に食べるようにしています。生か炒めで…。

お待たせの集合写真ですっ! f(^_^)
注文料理と違って、見映えはちょっと寂しいかな…?
缶ビールしかないそうなので、『ビア・チャーン』で頂きます!
 
 
こちらのお店はそれほどいい場所にありませんが、ひっきりなしにお客が
訪れます。注文のうるさい親子連れ、姉さん女房夫婦、オカマ(カトゥー
イ)の2人組などなど、入れ替わり、立ち替わり…。
再び、ビールのお供を選びに…。
今度は自分で選びますが、先に食べたのももちろん美味しかったです!
 
 
白い玉子と赤い玉子…。
適当に赤色の玉子を注文したら、2つ切りで出てきましたが、
『カイ・イアウ・マー(ピータン)』でした。(笑)
やっぱり、日本で食べるものとあまり変わりませんでした。
 
 

こちらは、『パット・トンマイグワート(タイネギ炒め)』です。
記憶のある限りでは、初めて食べる料理です。ニラとはちょっと違った歯応えがあって、ビールには合いますねっ!ご飯のおかずにも良いです!

そして、『ゲーン・チュー・マラ(苦瓜のスープ)』です。
苦瓜を輪切りにして、中に豚挽き肉を詰めたものを食べたことは
ありますが、トン足と椎茸と一緒のスープは初めてかも…。
 
 
もちろん、また集合写真を載せちゃいます…。 f(^_^)
自分は一人でドンドン酔っていきますが、お客は入れ替わります。
大きな鍋の中を覗き込んだり、ガラス越しに料理を指したり、結構、
繁盛している様子です。実は自分が入ろうと思った時は他に客がいず…。
 
 

完食です〜っ!
実は、
このようなラーン・カウ・ラートゲーン(ぶっかけ飯屋)さんで、
色んなおかずをつまみながら、一杯飲むことが大好きなんです! (*^o^*)

ビーチ巡りでちょっと疲れがまだ残っていたので、
ホテルへ戻りましたが、パトンビーチの夜はまだまだ続いています…。
 
    ※ 感想やコメントは、弊ブログ「つむじ風の気持ち」の方にお願い致します〜っ!
  □「つむじ風の気持ち」
  □   〃  『訪タイ記 2008.02.21 ブログ』
 
Return to Top Go to Foods Return prev Go next Back to Home Page Back to Blog