×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

    2552年(2009年) No. 002
 
       2552年(2009年)11月14日(土) バンコク 〜晴れ〜 / パタヤ 〜曇り〜
 
約6年ぶりにパタヤに向かいます…。
 
 
 

朝9時30分に起床。
何故か、両方の腕が痛いんですが、新しいバックのせいでしょうか?
こちらは、宿泊したホテルの敷地にある小さな祠です 。

10時30分過ぎにホテルを出ました。
相変わらず、スクンビット通りソイ3(ナナ・ヌア)は混んでいます。
この周辺は来る度にアラブ系の人たちの割合が増えている気がします。

 
 
ナナ・ヌア通りは一方通行(4車線だったと思う?)なんですが、
1車線でも相互通行にして欲しい、といつも思うんです…。 f(^_^)

そんなナナ・ヌア通りでは、進行方向の右側の道路沿いで、
街路樹の伐採作業が行われていて、新年を迎える準備が始まっています。
でも、伐採された枝木のせいで、歩道が歩きづらいのなんの…。 (^^;

 
 
元々、タイの歩道は段差や歩道に設けられた電話ボックスなどのせいで、
歩きづらいんですが、こちらの電話ボックスには電話はありません…。

そんな中、街中で気になったのが『BNE・確信犯』のステッカーです。
いろんな所へ行って、バンコクに戻ってからも歩いた街中の色々な所に
張ってあるんですが、ネットで調べると、どんどん増えているそうです。

 
 

ナナの交差点です。
角のショッピングセンターは数年前に出来たのですが、
ちょっと気になるにも関わらず、まだ、一度も入ったことがなく…。 (^^;

スクムビット通りソイゼロの高速道路脇にある線路です。
列車が走っているのは見たことはありませんが、
周辺の雰囲気からして、走っている気がします。

 
 
BTSのプルンジット駅です。
いつもはBTSを利用する場合、ナナ駅を使っていたんですが、
今更ながら、プルンジット駅の方が近いことが分かり…。 (^o^;

こちらの駅は全く利用したことがなかったので、ついパチリ…。 (^^;

 
 

プルンジット駅の改札口です。
どこにでもあるBTSの改札口とほとんど変わりませんが、赤色の扉が
「あっという間」に閉まるのは、どうにかならないでしょうか…。

プルンジット駅のホームです。

 
 

スクムビット通りからラーマ1世通りに入ったところですが、
こちらも渋滞しております。左側の1車線だけが相互通行なんですが、
ナナ・ヌア通りもこんな感じにして欲しいな〜っ!

プルンジット駅前のかなり広い空き地です。
駅前と言う良い場所なんですが、観光客が来そうな所でないので、
ショッピング・センターなんかの建築は難しいのでしょうか?

 
 

ちょっと気になった人がいたので、写真を撮ってみました。
詳細は隣の欄にて…。

道路沿いの看板の電設工事をしているのでしょうか?
10m以上はあると思いますが、全く命綱を付けていないみたいです。
ちょっと見ていましたが、坦々と作業を続けていました。(…怖)
 
 
向こう側はBTSのチットロム駅方面です。

プルンジット駅からBTSに乗って、約10分でエカマイ駅に到着です。
先頭車両のフロント・ガラスには、いつもと『BTSのマーク』と違い、
『開通10周年記念のマーク』 が張られています。

 
 
エカマイ駅から見た向こう側はBTSのプラカノン駅方面です。 こちらはBTSのトンロー駅方面です。
プルンジット駅→ナナ駅→アソーク駅→プロンポン→トンロー駅 →
エカマイ駅と、BTSでやって来たのは、約6年ぶりです。
 
 
エカマイ駅前にあるワット・タットンです。
新しい建物を建築しているようです。 どんな風に造っているのか、
気になったのですが、パタヤに行く都合があり、寄れませんでした。

BTSのエカマイ駅の改札口です。
やはり、どこにでもあるBTSの改札口とほとんど変わりません。

 
 

エカマイ駅の入り口です。

エカマイ(東)・バスターミナルです。
西口から降りたところにあります。このバスターミナルからは、
チョンブリーやパタヤなどタイ東部行きのバスが出ています。

 
 

ラーン・カウ・ラートゲーン(ぶっかけ飯屋さん)です。
エカマイ・バスターミナルに来る度に寄るお店で、
遅い朝食券昼食を食べようと思います。

色んな種類の『おかず』が並んでいますが、どれにしようかな…。
いろいろ悩んだ挙げ句…。
 
 
『おかず』は『パット・ブアッブ・サイ・カイ(ヘチマの卵炒め)』と
『ヌア・パット・プリックゲーン(牛肉レッドカレー炒め)』にして、
飲み物は『ミリンダ・ストロベリー』です。
エカマイ・バスターミナル近くには、ぶっかけ飯屋さんがこちらしか
ないので寄りますが、正直言って、『おかず』の盛りの量が少ないです。
約6年前の写真を見ても、やはり少ないです。しかも、料金高め…。 (^^;
 
 

パタヤ行きのチケット売り場です。
ターミナルの入り口右側にパタヤ行きのチケットカウンターがあります。
バスは大体20〜30分おきに出ているので、それほど困りません。

パタヤ行きのバス・チケットです。
看板にも、チケットにも、料金は113バーツと書いてありますが、
138バーツ支払ったとメモが…。買った時は気にもせず…?! f(^_^)
 
 
バスターミナルにある待合い所です。 広い割りに椅子が少なく、それもコンクリートの椅子です。
食べ物や飲み物を売る売店はたくさん並んでいますが、
どれも似たり寄ったりで、違いはないようです。
 
 

バンコク・エカマイバスターミナルからバスに乗って、
パタヤ・ノースパタヤバスターミナルまで、約2時間半かかるので、
バスの車内用に『ペプシ』と『アイス』を買っときました…。 (^o^)

パタヤ行きのバスです。
一番手前の1番乗り場から出発します。
写真を撮っていたら、「早く乗れっ!」と急かされました。

 
 
12時25分出発しました。車内はもちろん満席です。
ホントは、12時30分出発のバスなんですが、自分以外はすでに
乗車していたらしく、早く出発するため、急かされたようです。 (^^;
途中、別のバスターミナルに立ち寄った後、高速道路に乗りました。
それにしても、このバスのドライバーは半端なく飛ばす人で、
次々と他の車を追い越してゆき、ちょっと怖いほどです…。 (@_@)
 
 
高速道路の料金所です。
これ以降、1時間以上、ガンガン飛ばします…。 (x_x)
途中、交差点などは全くなかったんですが、道路の反対側へ行くには…?
そんな中、気になったのが、こちらです。
子供用プールや子供馬などが道の両側にズラリと並んでいて、買っていく
人がいるのか、とても気になりました…。速度が速いので、ブレブレ…。
 
 

バンコク→チョンブリ→シーラチャーと進んでゆきます。
流石に街中では余りスピードを出さないので、普通に写真が撮れました。
この辺りの雰囲気が良いので、今度、途中下車してみたいな…?! (^^;

パタヤの街中へ入る交差点です。
 
 
14時25分、パタヤ・ノースパタヤバスターミナルに到着しました。
流石に飛ばし屋のドライバーだけあって、通常2時間半はかかるところ、
2時間でパタヤに到着しました…。 (^.^;

ここは、約6年前に来た時とほとんど変わっていません。

 
 
ノースパタヤバスターミナルの外観です。

このバスターミナルは、パタヤの街中からちょっと外れて所にあるので、
相乗りのソンテウか、バイタクで宿泊するホテルへ移動します。
ソンテウは人数が揃わないと出発しないので、ちょっと厄介…?!

 
 
ノースパタヤバスターミナルから数カ所立ち寄って、
今回、宿泊するホテルに到着しました。
15時10分に部屋の中へ…。
こちらのホテルに宿泊するのは初めてです。
今回、パタヤ行きを決めた段階で、ネットで色々探し、
あれこれやり取りをした挙げ句に決めたホテルです。
 
 
部屋から見えた景色です。
建物はちょっと古いみたいなんですが、リーズナブルで海が見える
ホテルはあまりなく、今回はどうしても部屋から海が見たくて…。 f(^_^)
リーズナブルなホテルにしては珍しく、2面に窓がありました。
こちらは海が見えない方の窓から見た景色です。
 
 
大きな船2隻はレストラン船です。
夜になると、派手な電飾が目を引きます。
こちらは部屋から見た景色ではありませんが、
泊まった部屋と同じ階にある非常階段から見た3階にあるプールです。
このプールも今回宿泊することにした理由の1つだったんですが…。
 
 

プールに行ってみたら、ホテルの従業員以外誰もいませんでした。
ここからも海が見えるので、ホテルを選ぶ際に惹かれたのですが…。
ちょっと天気が良くないせいもあり、ちょっと期待外れ…?!

でも、掃除は綺麗に行き届いています。
 
 
海を見て左側の景色は良い感じです。
でも、乾季に入っているので、ちょっと期待していたのですが、
鉛色の空と海の現実に、ちょっとガッカリした感は否めません。

こちらも、海を見て右側にある屋根がちょっと邪魔かな…。

 
 
今回宿泊したホテルの外観です。
ちょうど、ツアーのチェック・アウト時間と重なり、
ロビー(2階)や入り口までの階段はツアー客で溢れていました。
ホテルの入り口からほんの1〜2分ほどで、ビーチに出られます。
ツアー客を乗せるバスがズラリと並び…。
 
 
パタヤ・ビーチ・ロードです。
手前から2つ目の白い建物が今回宿泊したホテルです。

ビーチに出てみました。
ここらは、セントラル・パタヤ辺りです。
もう16時を回っているせいか、客はあまりおず、客引きの方が多い…?
 
 
約6年ぶりに、パタヤのビーチを歩きました。
パタヤのビーチでは未だに、昔ながらの木製のサンラウンジャー
(デッキチェアー)なんですね〜っ、何か嬉しいな〜っ!
砂浜はそれなりに清掃をしてあり、あまりゴミは落ちていません。
約6年前に来た時もそう思いましたが、ドブくさい臭いは全くなく、
海は段々、綺麗になっているような気がします。
 
 
海沿いの歩道も約6年前とほとんど変わらず、綺麗に維持されています。
ベンチにはタイ人に混じって、年輩の西洋人が沢山座っています。
ベトナム戦争の時、アメリカ軍の保養地として繁栄したこともあり、
その時の帰還兵が懐かしさのあまり、やって来ているのでしょうか?
 
 
ちょっとお腹が空いたので、
某ショッピング・センターのフード・コートに入りました。
凄く広いフロアーなんですが、半分は使っておらず…。

料理の種類も多くないんですが、食べている人の様子を見たら、
食べている人が多かったので、次の料理を食べることにしました。

 
 

それは『トム・ヤム・クン(エビの酸っぱ辛いスープ)』です〜っ!
日本だとほとんどの人が注文すると思われる料理ですが、
自分は数えるほどしか食べたことがありません…。 f(^_^)

『ご飯(カオ・スアイ)』にかけていただきます。
これが、思っていたより遙かに美味しかったですっ!
酸っぱ辛い濃厚なスープがご飯ととっても合うんですよっ!! v(^_^)

 
 

外へ出ると、いつの間にか、日は暮れていました。
お腹も満足したので、ちょっとインターネット・カフェへに入り、
ブログの更新やメールのチェックをしました。

海に出てみると、レストラン船のきらびやかな電飾が目立ちますね…。
 
 

夜、街一番の歓楽街になるウォーキング・ストリートにやって来ました。
夜の一定時間内、歩行者天国となることは全く変わっていないんですが、
入り口に、巨大なモニターが設置されていたことには驚きました。

思っていたより、人は少ないです…。 (^^;
 
 
でも、相変わらず派手で賑やかで、
色とりどりの華やかなネオンが綺麗だな〜っ!(笑)

ウォーキング・ストリート近くにいたワンちゃん。
ちょっと面白かったので、写真を撮りましたが、
翌日も同じような格好をしていました…。 (>_<)
 
 
そろそろ、パタヤの最初の晩餐でもと思い、
パタヤ・セカンド・ロードにあるお店にやって来ました。
こちらのお店は、パタヤに来る度に必ず寄るお店です。
室内もありますが、オープンの席がとても居心地が良いんです。
観光客だけでなく、地元のお客も大勢訪れています。
 
 

まずは『ビール』で、『ビア・チャーン(象ビール)』にしました。
でも、何か、ちょっと違うような気がしませんか…?!

実は、この『ビア・チャーン』は普通の『ビール』ではなく、
『ビア・チャーン・ドラフト(DRAUGHT)』 なんです。
タイでもいよいよ、瓶の『生ビール』 時代が到来か…?!

 
 
オープンの席からは、魚介類や野菜類など沢山の食材が見渡せます。
まず、やって来たのは、
自分の大好きな『ホーイナーンロム・ソット(生牡蠣)』です。
やはり、海辺の街に来たら、食べなくてはっ! f(^_^)
 
 

続いては、『パッカナー・ムゥ・グローブ
(カナー菜とカリカリ豚肉の炒め物)』です。『カナー菜』と
『空芯菜』 『ミズオジギソウ』は好きなタイの3大野菜です。

こちらは、『プラームック・パット・トゥアランタオ
(イカとサヤエンドウ炒め)』 です。
 
 
今回も、料理の集合写真を撮りました…。 f(^_^)
こちらのお店はオープンの席だと、ホント色んな食材が見渡せ、
食べたことがない料理なんかを注文出来そうなもんなんですが、
なかなかそうもいかないんですよね〜。
 
 
こちらの『ホーイナーンロム・ソット』は、
『ナムヂム・タレー(海鮮付けダレ)』がちょっとアッサリしていて、
辛いんですが、ちょっと酸味が強く、物足りないかも…?!
それにしても、こちらのお店には、次から次へと色々な国の人が来ます。
韓国人・中国人・シンガポール人・欧米人…、もちろんタイ人もっ!
でも、集まる理由が後で分かりました。
 
 
『プラームック・パット・トゥアランタオ』は、
全く辛くない料理なんですが、 『イカ』がプリプリ、
『サヤエンドウ』のシャキシャキ感が良いな〜っ!
もちろん、完食です〜っ!
それで、実はこちらのお店、今更ながら分かったのですが、
昔から空飛ぶ『空芯菜』として、テレビなどで有名なお店だったんです。
 
 

そう、『空芯菜炒め』を数メートル離れた皿を持った人に投げて、
受け取らせる、あのお店だったんです。全く知りませんでした。
後にバンコクで見たテレビに出ていて、よく見れば看板にも…。 (^^;

瓶の『生ビール』2本しか飲まなかったので、
ちょっと飲み足りない感があり、ホテルで部屋飲みすることに…。
それで、こちらの屋台で『焼き物』を買いました。
 
 
そして、こちらでは、『野菜もん』を買いました。 『ビール』は『ビア・アーチャー』『ビア・チアーズ』です。
その他、『飲むヨーグルト(フルーツミックス)』『ファンタ(ナム・
キィァオ)』『ミリンダ(スカイ・ベリー)』『パン』などです。
 
 
ホテルの部屋飲み用に買った『焼き物』は、上より、
『サイクローク・イサーン(豚挽肉とモチ米の腸詰め)』、
『ムゥ・ヤーン(豚肉焼き)』 『タップ・ヤーン(レバー焼き)』です。
そして、『カオ・ニャオ(モチ米)』と
『ソム・タム(青パパイアサラダ)』です。
 
 

そんな感じで、ホテルの部屋飲みですっ!
『ビア・アーチャー(馬ビール)』はフルーティーで飲みやすい味です。
『ビア・チアーズ』はちょっとクセがあり、好みは分かれるかも…。

そして、〆の甘物は『クリーム・パン』ですっ!(笑)
日本にもあるような『菓子パン』の味です…。 f(^_^)
 
 
海の上では、レストラン船がまだまだ煌々と電飾を輝かせています。
ホテルでは肉系とイサーン料理(ソム・タム)を楽しみつつ…。
ってな感じで、パタヤの夜は更けてゆきます…。
『歩数計』第2日目は、『15,235歩』 でしたっ!
 
    ※ 感想やコメントは、弊ブログ「つむじ風の気持ち」の方にお願い致します〜っ!
  ■「つむじ風の気持ち」
  □   〃  『訪タイ&カンボジア日記 2009.11.14 ブログ』
 
Return to Top Go to Thai Foods Return prev Go next Back to Home Page Back to Blog